読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

「石原莉菜」という悟りの書

私の苦い経験

f:id:RlE:20160626023813j:plain

私はどこにでもいる、ごくごく平凡なおじさんだ。

そんなおじさんでも性欲という本能はある。問題はその性欲をどう処理するかだ。

 

その解決策としては「賢者への道へ至る素振り」(要はオ◯ニー)が主だ。

そして、その賢者への道へ至る素振りを行う為には、「悟りの書」(要はエロDVD)が必要である。

しかし困ったことに「悟りの書」は無数にあり(要はたくさんのAV女優がいる)、人の相性によっては、賢者へ至れない可能性が十分にあるのだ。それどころか時間とお金を無駄に損失する最悪の可能性すらある。

 

そんな中、もう数えるのを止めた程、何百回、何千回も賢者へ至った私にとっては、その悟りの書を選ぶのは容易い行為だ。といっても、D◯Mの無料サンプル動画で物色しているだけだが。DD◯さんいつもありがとう!

 

ということで、現在の私にとって最適な「悟りの書」は石原莉奈である。

 

なぜ私が石原莉奈で賢者に到れるのかというと、一言で言うと「ギャップ感」だ。

 

彼女は清楚で、上品さがある。顔立ちが美しいのは言うまでもないだろう。

肝心の体型は、ボインキュッボイン!と激しく自己主張する体型ではない。

「調和が美しくとれている」という表現が当てはまる体型だろう。

そしてどこか自信なさげな憂いを見せる部分もポイント高い。

 

我々一般とはまず縁がない、そんな良家のお嬢様のような女性が、キモ男相手にベッドでいやらしく乱れる。悶える。感じる。激しく蹂躙される。

それを想像するだけで、私の下の息子が激しくいきり立つ。サイズは男として少々自信がないが。

 

「良家のお嬢様をピーし、男として征服する」

 

私はこれにやられたのだ。私の「悟りの書」として選んだのだ。暫くの間はお世話になるだろう。

ちなみに、石原莉菜が出演する作品に陵辱モノが多いのは、彼女自身が醸し出す雰囲気のためかもしれない。

 

と、なぜ私が急にAV女優を紹介し出したのかというと、至極簡単なことである。

 

彼女によって賢者になったばかりだからである。

広告を非表示にする