読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

ボクが見た変な夢その④の続き(完結編)

私の苦い経験

「満足したかい?」

 

この言葉に動揺する太郎を、太郎のお父さんは優しく諭す。

「落ち着いて聞いてほしい。結論から言う。この世界は本物の世界じゃない。」

太郎は更に混乱するが、かしこさレベルを99まで鍛え上げた頭脳が、たちまちと目の前の問題を解いていく。

解きたい!でも解きたくない!そんな二律背反に悩まされながら。

 

そして数秒の沈黙後、太郎は空を見上げ、一息つく。

「父さん。分かった。分かってしまったよ。俺の世界はここじゃない。俺の本物の世界は、とある会社の薄暗い実験室にあるんだね。そこで本物の俺は寝ているんだね。」

ラノベ展開バリに決めた太郎はニヒルモードに入り、ククッと微笑をあげる。

そんな太郎を父は、

 

「ちゃいまっせ。」

太郎は( ゚д゚)ポカーンとなる。

 

太郎のお父さんは静かに説明を始める。

「長くなりそうだから今北産業(3行で説明)するわ。

・産まれたばかりの実の息子をある装置の実験体にしてみた

・赤ちゃんの瞳にはこの世界はどう写っているのか、これを知りたかった

・結果、お前が出来た。」

 

合コンで盛り上がりすぎて、夜もハッスルした結果、お前が生まれた的なノリで言われた太郎は、とりあえず父親を上段回し蹴りで倒した。

 泡をプクプク吹き、痙攣が止まらない父親を横目に、「俺はこれからどうしたらいいんだろう」と静かに深く落ち込む。

 そして太郎はハッと思い出した。その表情は堂々として、陰りは一切ない。

「とりあえずヒロインたちをもう一回クリアするか!」

 

~FIN~

 

・・・何、この打ち切りEND。自分の文章力のなさに絶望。

広告を非表示にする