読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

全ては空手JKのおっぱいプルンプルンが悪い!!!

唐突だが、愚痴らせてほしい。

 

私が空手を習っているのは、空手JKが目的だったからだ。さすがに現在は、心技体共に、昨日の自分よりも強くなりたいために空手を習っているが。

そんな私を変態と言えば、変態だろう。だがJKの持つ魔力に抗える漢は、日本国中にどれだけ存在するのか。いや、1000人にも満たないだろう。(超偏見)

 

しかし、これはあくまでも本音。私だって社会人だ。建前くらいわきまえている。

それ以前にまだ大人に成熟していない子どもを、私のような男の下衆な性欲のはけ口にさせたくない。私はそこまで堕ちていない。

紳士風に言えば、YES変態、NOタッチ、である。

 

そんな私が、非常に困っていることがある。道場のJKのことである。仮にOさんとしよう。

そのOさんだが、一言で言うと、彼女は巨乳である。

f:id:RlE:20160803144222j:plain

※あくまでもイメージです。さすがにここまで大きくないです。

 

いや、巨乳の定義が曖昧なので、私なりの巨乳となるが、とにかく胸が揺れるのである。

胸が揺れる。この言葉に反応した読者、あなたとはいい酒が飲めそうだ。

 

とにかく、普段Oさんは空手着の下にシャツを着て稽古をしているが、恐らくスポブラをしていない。普通のブラをしている。

その時点でプルンプルンッとなるのは自明だろう。さすがに擬音がつくレベルではないが、確実に胸の脂肪が左右上下へ移動している。

 

入門した当初、私はさり気なくガン見していたが、次第に罪悪感からか、目のやり場に困ってしまった。

おじさんに視姦されているのを知らずに、Oさんが真摯に稽古に打ち込み、突きを出したり、蹴りを繰り出すその真剣で純粋な顔に、「俺なにやってんだろう・・・」という申し訳無さが私の胸を占めていった。

 

Oさんはまだ女性らしさが身についていない、あるいは天然なのか、自分の胸の秘めた無限の可能性に気づいていない。

そんなもどかしさからか思い切って本人に聞こうと思ったが、未だに聞けていない。

てか、「君のけしからん胸が、どれだけ男の目を奪っているのか自覚しているのかね?」と聞いたら、私が社会的に終わるがな。

なので、私はずっとモヤモヤしたまま、Oさんと一緒に汗を流し、稽古に励んだ。プルンプルンッの魔力に屈して、全ての原罪である胸を視姦しながら。

 

そして今日の稽古後。M先生にこう言われた。

「あまりOさんの胸を凝視しないで下さい。Oさんも少し困ってますので。」

このお言葉に私は膝を突き、両手で顔を覆い、絶叫した。

 

3✕才のおじさんが、JKの胸を凝視していた。

それが周囲にバレバレだった。その時点で私が今まで築き上げた信頼、大人としての信用が流砂の如く散っていったのだ。いや、私の誇りや自尊心も一緒に、サラサラっと流れていったのである。

それ以前に、Oさん本人にバレていた事実に、目鼻耳口から血を吹き出しかけた。

 

今、この文章を打つ私の頬は涙で濡れている。悔しさ、情けなさ、不甲斐なさなど、様々な感情で溢れ返っている。キーボードを打つ手が震えている。

そりゃ私が悪い。真摯に空手に打ち込んでいるOさんに対して、極めて侮辱的な行為をしてしまったのは事実である。大の大人がJKの胸を視姦した。それは本当に反省している。

 

だが、けしからん胸を持っているOさんにも非はある!!!

 

そんな義憤に駆られた私(この時点として人間として最低)は、同じ道場の練習生(♂)に、Oさんの胸についてさり気なくメールで聞いてみた。

そしたら、

「いや、俺も最初はOさんの胸を気にしていたけど、一緒に稽古に励む内に気にならなくなってましたよ。」と。

つまり暗に、「最初からずっとOさんの胸に釘付けになってたのはお前だけだよ!」と言われたのである。

 

くそっ。もうやってられんねぇ。今から焼酒飲んでふて寝してやる。