読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

コンビニと不良たちと空手と私と①

私が思ったこと

今は夏休み真っ盛り。

だがサラリーマンの私には関係ない話だ。夏休みを楽しむことが出来ない。

今日も仕事で疲れ切った私が、笑顔満開な浴衣カップルとすれ違う。

もちろん私は「このカップル長続きしませんように」と心の中で祈った。

そして仕事後の帰りに、いつものコンビニへ寄る。

そこで、「ああ、やっぱり今年もいるんだなぁ」とじみじみとする。

不良たちがコンビニでたむろっているのだ。

f:id:RlE:20160807195715j:plain

※もはや夏の風物詩。これが不良バージョンのJKだったら・・・。クソッ!

 毎年この時期になると、やることがなく暇を弄んでいる不良たちがグループを作り、ワイワイするのである。場所は決まってコンビニか駐車場。

大声で叫んだり、物を散らかしたりと、周囲の迷惑など考えずに好き放題。

私はそんな彼らたちを一瞥し、コンビニの中に入った。

そこで私はふとこう思った。

不良たちとの相手、幸せ!

私は一応3✕歳のおじさんで、空手を学んでいる。マッチョである。

だからか、不良たちを見ても特に何も思わないのである。

むしろ彼らが絡んできたら、困惑はしつつ、とりあえず殴る・蹴る

私はいつも道場でM先生や大魔神空手バカたちにボコボコされている。

M先生と大魔神の名前が出るだけで、私の金の玉がキューっとなる。

M先生や大魔神の相手をする位なら、彼らと相手をした方がどれだけ幸せか!

あのイカれた突きや蹴りをもらう恐怖・痛みに比べれば、50倍マシだ!

f:id:RlE:20160807212346j:plain

※このボコボコはいつもの稽古風景。空手タノシイナー(棒読み)

私は割と本気でそう思っている。これも空手バカの影響だろうか。

不良にビビっている人たちは?

「コンビニに入りづらそうだなぁ」と私は思っている。

仮にコンビニに入ったとしても、必死で「なんでもない」顔を作り、決して不良たちと目線を合わせず、早足で去るだろう。

これは力を持たない弱者がとりがちな行動だが、私はこの行動を肯定したい。

むしろ褒められる行動だと、私は称えたいくらいだ。

賢明な判断であり、賢明な行動だと私はそう思う。

不良たちってヤバイの?

正直申し上げると、不良たちと関わるのは百害あって一利なしだろう。

これは決して差別的な発言ではないし、私は不良たちを見下すことはしない。

変な言葉だが、いい不良もいれば、悪い不良もいる。圧倒的に後者が多いが。

悪い不良たちは基本的に、自分勝手。相手の迷惑を考えない。自分の快楽が優先。反社会的な行為を「カッコいい」と思い込む。といった傾向が見られる。

例えとして、「コンビニ土下座事件」が一番分かりやすいだろう。

www.akb48matomemory.com

この記事から、不良たちの「怖さ」が理解できるだろう。

どうして私がこんな思いをしないといけないの?

善良な市民である貴方たちそう感じるだろう。

何も悪いことはしていないのに、いちいち怯えないといけない。

納得出来ない。悔しい。自尊心を傷つけられる。

この思いに、私はこう思う。

「弱い貴方たちが悪い」

と。

これは暴力推奨に聞こえるかもしれないが、誤解しないでほしい。

所詮、人間社会は弱肉強食だからだ。弱いものは強いものにいじめられる。

理不尽だが、これが現実だ。

怒りのあまり

そんな理不尽な思いに苦しみ、そして悲しむ人たちの事を思うと怒りのあまり、しばらくはその場を動けなかった。

やがて買い物を済ませた私はコンビニを後にした。

私がコンビニを出た時、コンビニの前でたむろっていた不良たちと目が合った。

私は睨んだ。

 

次回へ続く。

広告を非表示にする