読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

コンビニと不良たちと空手と私と②

目線を感じた。

私はその方向へ振り向くと不良たちが私を睨んでいた。

私は彼らとは初対面だ。なのに敵意を向けられている。

座っていた不良たちは立ち上がり、こっちへ詰め寄ってくる。

人数は三人。顔立ちにまだ幼さが残り、体つきもそんなに大きくない。

しかし、その目立つ髪色、派手な服、威張った態度。

全くもって「不良」そのものであった。

f:id:RlE:20160808185826j:plain

 そんな彼らは不敵な笑みを浮かべ、

「にぃちゃん、いい体してるね~」

明らかに私の体をバカにした発言だ。その下卑た笑みは何だ。

好意はどうやっても見て取れない。

「でも体大きいだけじゃ、ダメっしょ?根性よ、根性がなきゃ。」

意味不明なことを言いながらも、詰め寄ってくる。4m、3mと。

「兄ちゃんの腕も太いねー。触らしてよ。」

不良の一人が私の腕を掴もうと、手を伸ばしてくる。

私はさっと腕を払い、

「そういうのはやめていただけませんか?」

と柔らかく諭すが、それが彼らの逆鱗に触れたか、

「何その上から目線。ちょっと気に入らないんだけど。」

「ちょっと体がでけーからといって、オレらをナメんなよ?」

私は理解が追いつかず、

「私に何が御用ですか?貴方たちと私は初対面のはずですが。」

とあくまでも、社会人らしく、落ち着いた態度で接しようとするが、

不良たちはとうとう怒りを露わにし、

「それだよ!その気取った面が気に入らねえんだよ!」

「オレたちを簡単に倒せる。そんな顔してんよ、お前。オレらをナメんな!」

私は頭を抱えた。

ああ、よくいるんだよ。こういうの。

自分が強いと勘違いする人が。

私はこれ以上相手にしていられず、

「私は急ぎの用があるので失礼しますね。」

と不良たちの側を通り抜けようとした。

そしたら、

「待てや!てめぇ!」

と私の胸ぐらを掴んできた。

その瞬間、私の体が自然に空手の構えに入っていた。

私は冷静を保ちつつ、掴んできた手を素早く振り払った。

これがいけなかった。

「やんのか!?やんのか!?」

「やろうぜ!やっちまおうぜ!」

と、不良たちが明らかな敵意、戦意を見せてきた!

先手必勝。

コンマ秒巻。

私の胸ぐらを掴んでいた不良の腹を目掛けて、

f:id:RlE:20160808183619p:plain

この鍵突きを放った。

明らかな隙を突いての攻撃をされた不良はその場で膝をつく。

彼の肋骨にヒビを入れた。そんな嫌な感触が私の右手に残った。

残る不良たちの動揺を私は見逃さず、すぐさま私の横にいた不良の腹に、

f:id:RlE:20160808184140p:plain

この横蹴りを叩き込んだ。不良はボールのように吹っ飛んでいった。

手応えは感じた。脚に来る衝撃が重く感じた。

私は最後の不良と真正面に立ち会った。私は獣の目をしていた。

明らかに青ざめている最後の不良の足を目掛けて私は、

f:id:RlE:20160808185753p:plain

この下段回し蹴りを見舞った。

足の筋肉を無理やり引きちぎった、そんな嫌な感覚が私の右足に残った。

最後の不良は何が起こったのか理解できないまま、崩れ落ちていった。

数十秒にも満たない静寂後。

私はもう敵意を向けてくるものがいないのを確認し、構えを解いた。

戦意を喪失したのか、すっかり怯えきった不良たちを背を向け、歩き出した。

途中で私は頭をかきつつ、

「手加減はしたつもりなんだけどなぁ。」

とひっそりと呟きながら、その場を去った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:RlE:20160808191005p:plain

 

次回に続く?

広告を非表示にする