読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです。

マッスル北村という伝説の男①

今日は久しぶりにトレーニングをした。

ベンチプレスやレッグプレスなど、ウエイトトレーニングでいい汗を流した。

筋肉を徹底的にいじめた。明日は筋肉痛だ。ちくせう。

というのも、前回の記事で書いた、

rle.hatenablog.com

で、私にトラウマを植えつけたあのマッチョドクター?の、

f:id:RlE:20160811163232j:plain

「ぶったね!パパにもぶたれたことないのに!」と涙ながら抗議してくるこの画像で、ある男を思い出したからである。医者つながりである。

 あの伝説ボディビルダー「マッスル北村」さんを思い出したからだ。

f:id:RlE:20160812221629j:plain

 マッスル北村というボディビルダー

ボディビル世界では伝説のビルダーと呼ばれる男。

この画像を見てお分かりいただけるように、変態レベルの筋肉の持ち主。

腕はもちろん、脚の太さは異常。二回りほど常人離れしている。

コンクリートを笑顔で砕き潰せそうな怪力。

脂肪は一切見当たらず、薄い皮の下を血管がうねっている。

とにかくデカくて強い。

そんな強烈な第一印象を与えてくれるだろう。

マッスル北村の伝説

伝説と呼ばれるからには、必ずその逸話はある。

しかし彼の逸話はスバ抜けている。作り話と疑うレベルだ。

しかし、全ての逸話は真実である。信じられないだろうが。

数多くある伝説の内、特に有名な逸話をいくつか上げていこう。

・中学の時から成績優秀、しかもイケメンで常に女子にモテてた。

・二浪の末に東大理科類合格。(この時点でもスゲー)

・東大でボディビルに出会い、マッスル北村伝説はここから始まる。

・ボディビルを始めて、いきなり関東学生選手権に出場。しかし予選敗退。

・その雪辱へ向け、ボディビルに真剣に打ち込む。

・たったの10ヶ月で体重55キロ+40キロ増量。(この時点でおかしい)

・その2年後、関東学生選手権大会で見事優勝。圧倒的だったらしい。

・その後もボディビルに没頭し、東大を中退。(これは分かる)

・社会人コンテストでも注目若手ビルダーとして、台頭していく。

・ボディビルの合間に再度受験し、東京医科歯科大医学部に合格(!?)

・その東京医科歯科大医学部も結局中退。(もう笑うしかない)

アジア大会でライトヘビー級優勝。

・その逸話が一番おかしい。アジア大会へ向けての減量で、15時間の120キロマラソンを成し遂げ、体重98キロ→84キロの、14キロ減量成功。(良い子も悪い子も絶対マネするなよ!絶対死ぬ!)

 

・・・と。ここで信じられるかい?

まだ彼の伝説の半分も語っていない。

信じられないだろうが、これがマッスル北村である。

そんなマッスル北村さんのご尊顔

f:id:RlE:20160812233001p:plain

めちゃイケメン!

それでいて、

f:id:RlE:20160812233102p:plain

このスマイル!!超かわいい!

アタシが女だったら、100万以上は貢ぐ!!!

それくらい、ホスト顔負けのスマイル。

f:id:RlE:20160812233237p:plain

ちなみに、このインタビューの相手はあの島田紳助さん。若い!

マッスル北村に会いたい!

マッスル北村さんに興味を持ち出した貴方。

 

ここで大変残念な事実を告げねばならない。

 

貴方はマッスル北村さんに会えないだろう。

 

彼が有名人であり、一般人の我々は会えない立場だからではない。

 

なぜなら。

 

彼は。

 

16年前に亡くなっているのだから。

 

続く。

広告を非表示にする