読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

マッスル北村という伝説の男④

マッスル北村さんの波乱万丈に満ちた人生を、私なりに書きたいと思う。

彼は「伝説のボディビルダー」そのものだった。

私は彼と出会う機会は結局なかったが、彼を偲ぶファンたちが建てたサイトをご拝見し、彼の生きた軌跡を辿った。

マッスル北村,マッスル企画,公式ホームページ

 彼は1960年10月6日に生を受け、

f:id:RlE:20160815021740j:plain

家族に愛された幼少期を過ごし、

f:id:RlE:20160815012913j:plain

わんぱくな少年に育ち、

f:id:RlE:20160815021836j:plain

充実した中学・高校生活を送り、

f:id:RlE:20160815013041j:plain

大学時代にボディビルと出会い、

f:id:RlE:20160815013215j:plain

青春の全てをボディビルに捧げ、

f:id:RlE:20160815013637j:plain

関東学生選手権大会で優勝し、二年越しの雪辱を果たし、

f:id:RlE:20160815013304j:plain

社会人大会へステップアップし、

f:id:RlE:20160815013452j:plain

東大中退、東京医科歯科大中退を経て、

f:id:RlE:20160815013823j:plain

若手のトップビルダーとして活躍し、

f:id:RlE:20160815013742j:plain

仲間たちと競い合い、または励まし合い、

f:id:RlE:20160815015429j:plain

やがて、「ジャパンチャンピオンシップス」日本大会で優勝するも、

f:id:RlE:20160815013904j:plain

ドーピング疑惑で失格となっても、決して情熱を消すことなく、

f:id:RlE:20160815014027j:plain

頑固な意志、執念なまでの努力で、念願の世界大会出場を果たし、

f:id:RlE:20160815014234j:plain

世界で4番目のボディビルダーとなり、

f:id:RlE:20160815014128j:plain

タレントとして芸能界に転向し、

f:id:RlE:20160815014608j:plain

仕事とボディビルの2つを両立させ、

f:id:RlE:20160815014520j:plain

f:id:RlE:20160815015732j:plain

彼は更なる高みを目指し、

f:id:RlE:20160815014702j:plain

鍛え、

f:id:RlE:20160815014720j:plain

とことん鍛え、

f:id:RlE:20160815015202j:plain

魂を燃やし尽くすように鍛え、

f:id:RlE:20160815015057j:plain

更なる筋肉、更なるレベルを得て、

f:id:RlE:20160815015331j:plain

それでいて、周囲を幸せにする笑顔を振りまき、

f:id:RlE:20160815015833j:plain

多くのファンに愛され、

f:id:RlE:20160815015938j:plain

動物をとことん愛し、

f:id:RlE:20160815020122j:plain

筋肉の限界をひたすら追い求め、

f:id:RlE:20160815020511j:plain

アメリカのボディビル大会で3位を取り、

f:id:RlE:20160815020451j:plain

アメリカのボディビル大会で日本人初の優勝を目指し、

f:id:RlE:20160815021049j:plain

無謀としか言いようがない減量の果てに、

f:id:RlE:20160815021121j:plain

2000年8月3日。彼は39歳の若さで生涯を終えた。

私はこれ以上、多くは語らない。

ただ、これは言わせていただきたい。

マッスル北村。

彼ほど愛されたボディビルダーはいなかった。

彼の死後も、多くのファンに愛され続けている。

私も彼に魅了されたものの一人だ。

f:id:RlE:20160815022508j:plain

信じられないことだが、彼の死後、自伝書が3冊も発行されている。

f:id:RlE:20160815022754j:plain

f:id:RlE:20160815022807j:plain

f:id:RlE:20160815022836j:plain

それ程まで、彼は凄かった。伝説だった。多くの人を惹きつけた。

今後、マッスル北村を超えるボディビルダーは出現しないだろう。

例え、筋肉でマッスル北村を超えたとしても、人間的魅力、そして魂で彼を超えるボディビルダーは出ないだろう。

大変長くなったが、最後にこの言葉で締めたいと思う。

マッスル北村。

あなたは本物のボディビルダーでした。

合掌。

広告を非表示にする