読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

私の狂気の拳を体を張って止めてくれた、そんなやらない夫③

空手

前回のあらすじ

やらない夫は弱かった。しかし、彼は致命的な弱点を抱えていた。

その事実を知らされた私は、ただただ驚くだけだった。

 

やらない夫骨粗しょう症(こつそしょうしょう)だったんですか?!」

私は信じられない思いだった。

骨の太さは変わらないまま、骨密度がスカスカで骨が折れやすい病気であり、要は格闘技に致命的な病気を、やらない夫は持っていたのである。

簡単に言うと、強く突いたり蹴ったりすると、骨にヒビが入ったり、ボキッと折れる可能性が高い。

格闘技においては骨が太い方が理想であり、やらない夫はその反対だった。

f:id:RlE:20160815192825p:plain

 自分が骨太か骨細かは、自分自身の手首まわりを測ってみれば分かるだろう。

成人男性の場合、

・骨細 14~16cm

・標準 16~19cm

・骨太 19cm~

となる。

ちなみに私は16cmとごく普通。

しかし、やらない夫は14cmしかなかったのである。180cmの長身で。

キン骨マン並の細さと言えば、分かりやすいだろうか。

f:id:RlE:20160815190444g:plain

 話を詳しく聞くと、彼はこれまで稽古や試合で、何回も手や足など、骨にヒビが入ったり、重度の骨折をしたらしい。

大会では予選敗退ばかりで、優勝の経験はない。長年続けたのに関わらず。

彼の家族も何度か空手に通うことを止めさせそうとしたが、やらない夫の強い意志で拒否し、今日も稽古に励んでいる。

私は知らなかった。そんなやらない夫の苦悩を知らなかったんだ。

愚かな私はやらない夫をガチで突いたり、蹴ったりしていたのに、やらない夫はただただ歯を食いしばり、私の猛攻に耐えてたのだ。一切文句を言うことなく。

ここで最低の告白をしよう。

あの時の私は、仕事面で異常なストレスを抱えており、「誰でもいいから殴りたい!」と正に暴力的で野蛮人そのものの心境だった。

弱い人を徹底的に痛めつけたい。いじめたい。蹂躙してやりたい。

そんな負の感情を、ここぞというばかりにやらない夫にぶつけていた。

なのにやらない夫は、決して文句を言うことなく、

突かれても、

f:id:RlE:20160815191430p:plain

蹴られても、

f:id:RlE:20160815191443p:plain

骨の細さからか、すぐにボロボロになっても、

f:id:RlE:20160815191505p:plain

それでも決して心折れず、

f:id:RlE:20160815191524p:plain

私に立ち向かってくる。

これが空手か。気合根性か。

やらない夫は空手大好き少年。

そんな彼の熱い思いが私にも伝わってくる。ああ、空手が大好きなんだなと。

致命的なハンディにも負けず、勝ち負け関係なく、ただ楽しいから空手をやっている。

そんな印象を改めて受けた。

いつの間にか、私の拳から狂気が取り除かれ、優しさが残る拳となった。

人を殴る・蹴ることの重みを初めて知ったからだ。

これもやらない夫が体を張って証明してくれたおかげだ。

今日もやらない夫は空手道場でいい汗を流している。青春の汗だ。

f:id:RlE:20160815194023p:plain

f:id:RlE:20160815194034p:plain

そして決まって、

f:id:RlE:20160815194256p:plain

この笑顔。

まいった。まいりました。やらない夫は立派な空手バカでした。

空手が強いから空手バカではなく、どれだけ空手を愛し、どれだけ道場で汗を流したか。これが空手バカであるのだと。

やる夫に続き、少年たちに空手として大切なことを、私に教えてくれた。

そんな少年に尊敬を込め、今日も道場で一緒にいい汗を流そう。

後、JKのOさんの汗、クンクンしたい(^q^)

今日も清々しいまでのゴミっぷりを示す私であった。

 

終わり