読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

上段回し蹴りで「百獣の王」武井壮を倒してみる②

ボコボコにしてやんよ!

私は今頭を抱えている。

前回の記事で、「百獣の王」武井壮さんを上段回し蹴りで(脳内で)倒すと宣言したが、いきなりの難題である。

rle.hatenablog.com

武井壮さんは強い。

「百獣の王」は伊達ではなく、実際に陸上で日本一をとったアスリートでもある。

そんな彼を相手にしょうというのだ(脳内で)。

私はただただ恐怖で、嫌な汗が顔をつたっていくのを感じた。

 武井壮さんのスペック

私はとりあえず敵の情報を得るべく、クーグル先生の力をお借りした。

wik先生の力もお借りし、大体のスペックを把握した。

年齢   43歳

身長 175cm

体重  69キロ

陸上競技選手。陸上競技十種競技元日本チャンピオン。

特に100mは速く、ベストタイムは10秒54。

信じられないが、2013年にブラジルで行われた、世界マスターズ陸上選手権大会の男子200mで銅メダルを獲得されている。彼が40歳の時にである。

武井壮さんの実力

この画像を見て欲しい。

f:id:RlE:20160816190419j:plain

この構えは出来る!と私は見た。

上半身のガードは完璧、脇もしめている、腹筋に力を入れ続けている。

下半身の足幅がやや広いが、重心は安定しており、どっしりとした構え。

左利きなのか、右足を前に出している。(右利きは左足を前に出す)

ワンツーが非常に上手い印象を受けた。

さすが「百獣の王」だけあって、ゴリラやカンガルーなど、様々な動物に遭遇しても闘えるスタイルを獲得されている。

この人は間違いなく、強敵だろう。

武井壮シミュレーション

正直、ハードル高杉。

前回の記事を消し、なかったことにしたいくらいだ。

しかし私だって男だ。言ったことはやる遂げるつもりだ。

私の脳内で、何回もイメージトレーニングをした。

どう攻める?

どこが弱点か?

武井壮さんの得意技は?

いや、待てよパワーは?

体重から見て、彼はスピードタイプだろう。

恐らく反射神経も高く、避けるのが上手そうだ。

足腰の粘り、バランス感覚もなめてはいけない。

ここはパンチの連打から寝技に持ち込む?

いや、キックで一気に攻めてしまおうか。

あっ、もし彼がカウンター狙いだったら?

危ない、危ない、攻めすぎてしまうところだった。

と、このように必死にイメージトレーニングしている。

と、仕事中に壁へ向かってブツブツつぶやく私を、同僚が気味悪がっていたが、気にしないことにした。勝ては官軍。全てOKなのである。

武井壮さんは倒せる

これが私の結論だ。

かなり苦労したが、打開策は見出した。戦闘展開イメージもバッチリ。

よし、「百獣の王武井壮」を倒しに行こう(脳内で)。

 

次回、激闘必須!