読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

上段回し蹴りで「百獣の王」武井壮を倒してみる⑤

ボコボコにしてやんよ!

武井壮のワンツーワンによる猛ラッシュ。

その脅威なスピードの前に、私は全てをかわしきれず、私のダメージが徐々に積み重ねられていく。

f:id:RlE:20160820192644p:plain

f:id:RlE:20160820192659p:plain

f:id:RlE:20160820192711p:plain

私の意識が途切れ途切れになってきた。一瞬記憶が飛んだ。

やばい、これ危険信号。俺負ける。

くっ。

一か八か、仕掛けるっ!!

 f:id:RlE:20160820192754p:plain

f:id:RlE:20160820192806p:plain

f:id:RlE:20160820192815p:plain

さけられた。私の渾身の下段回し蹴り(ローキック)を。

そんな私の動揺をあざ笑うかのように、武井壮はいよいよ獲物を狩る段階に入った。

獲物を仕留めるが如く、最後の気力を振り絞ってのラッシュが来る!!

f:id:RlE:20160820193553p:plain

f:id:RlE:20160820194104p:plain

f:id:RlE:20160820194115p:plain

負ける。

さっきからこの二文字が私の頭の中で繰り返される。壊れたラジオのように。

負け。負ける?私は負けるのか?あごが若干とんがったおっさんに負ける?

否!!!

f:id:RlE:20160820200537p:plain

f:id:RlE:20160820200550p:plain

f:id:RlE:20160820200601p:plain

f:id:RlE:20160820200619p:plain

全ては一瞬の間で終わった。

恐らく、武井壮の顔は「わけがわからないよ」だったと思う。

当然だろう。顔面を蹴られたのだから。

彼が困惑するのは当たり前だ。反則だと言いたいのかもしれない。

確かに、私は空手ルールによって、顔面を殴らないと言った。

だが、蹴らないとは言ってない。

あえてワンツーローをバカみたいに繰り返したのは、上段回し蹴りのタイミングを図ってきたためだ。全てはこの一瞬のため。

ゆっくりと膝から崩れ落ちていく武井壮。私はそれを眺める。

f:id:RlE:20160820201213p:plain

f:id:RlE:20160820201225p:plain

終わった。ギリギリで勝てた。

私をここまで追い詰めた武井壮さんに敬意を払い、この言葉を贈った。

「上段回し蹴りはガチヤバイ

こうやって、私は武井壮さんに辛勝した(脳内で)。

武井壮さんは強敵だった。さすが「百獣の王」だった。

野獣のような反応や攻撃に耐え切れたのが奇跡な程だ。

もし彼が本格的に格闘技を始めていたら、地面にキスしていたのは私だろう。

それほど激闘だった。死闘だった。

「百獣の王」武井壮

私はあなたの名前を忘れない。あなたは強かった。

こうして私は戦いを終えた(脳内で)。

オチとして

武井壮さん、勝手にキャラとして使ってしまい、すみませんでした!!!

炎上は勘弁して下さい!!!m(_ _)m