上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです。

「シン・ゴジラ」ならぬ「シン・ビックリ」

私は驚いた。人生で驚くことは何十、何百回とあった。

だが、今日ほど真剣(ガチ)に驚いた日は今日を含め、数回だ。

まさに、「シン・ゴジラ」ならぬ「シン・ビックリ」である。

うん、我ながら微妙なネーミング。

自分の語彙力(たくさんの単語を知っている力)のなさに、絶望。

思わず文章力が高いブロガー様に場違いの嫉妬をする私。

あまりにもの驚きに、文章が短めの一文ごとになっている。

これはこれで書きやすいと今更気づく。

何に驚いたのかというと、

このイカれぽんちのブログを見てる暇があったら、もっと有意義なことをしなさい!と私自身が拒絶し、道端に落ちている使い古されたおっさんのパンティーの価値しかない、そんなブログが言及されたからである。

www.maskednishioka.com

言及していただいたのは、あの今のはてなブログをときめくブロガー、有名ブロガー名入り間違いなし、モテモテ間違いなし、私の「シットノート」のリスト入り間違いなしの、あの「はてなブログ界の坂井聖人」ことマスクド・ニシオカさんである。

 マスクド・ニシオカさん、目を覚ましはなれ!

最初はそんな見当違いの疑いすら抱いた。(失礼!)

それくらい、あのマスクド・ニシオカさんが私のブログに言及されるのが今でも信じられない。

最初に「あなたへのお知らせ」アイコンで知った時は、

f:id:RlE:20160823190442p:plain

一瞬、「新手の詐欺?」とすら思ってしまった。思わずコンビニへ急いで、指定された口座に振り込む予定をしかけた。

ええい、まだパニクってる。文章が安定していない。いつもの私らしさが出せていない。

なのでマスクド・ニシオカさんが書かれた今回の記事について、私なりに述べてみたいと思う。

背中がむず痒すぎて、エヴァ綾波レイみたいに、何かの羽が生えそうな気すらしてきた(錯乱中)。

まずは、300記事書き上げ、おめでとうございます!

これは普通にすごい。すごすぎる。学校の夏休みの宿題で、超頑張ったで賞をもらえるレベルだ。

もしあなたがブロガーならよく分かるかもしれないが、マスクド・ニシオカさんはブログに対するとんでもない情熱と、無尽蔵なネタ袋を持っておられる。

とにかく記事を書き上げる回数、スピードが半端ない。

特に、マスクド・ニシオカさんの月別アーカイブを見ると、

f:id:RlE:20160823191352p:plain

この時点でもう叶わない。特に6月は何があったんだ!?とツッコみたくなるほど、圧倒的物量作戦だ。ザグ大量生産並(とにかくたくさん)である。

それでいて、一つ一つの記事の質がいい。普通に面白い!

これに比べ、私の月別アーカイブは、

f:id:RlE:20160823191527p:plain

ガンダム並の生産(一機きりの生産)で、しかもOPPAIを連発している記事が多い。

うん、ちょっと「アイキャンフラーイ!!!」したくなってきた。

それくらい恥ずかしい。私は一応、一ヶ月毎日更新したが、マスクド・ニシオカさんはそれを遥かに超える高みに立たれている。

マスクド・ニシオカさんは出来る人物

そう感じさせられたのが、

いつもブログを読んで頂きましてありがとうございます。もちろん、この記事がこのブログ初体験という方もおられるでしょうが、その方も同 じ読者です。読者に支えられてこのブログは成り立っております。記事を300書くまで続けてこれたのも読者のみなさまのおかげです。本当にありがとうござ います。

のところである。

このように素直にお礼を述べられるブロガーは、なかなかいない。

胸がキュンッ!キュンッ!である。

アタイが女だったら抱かれてもいいそんな憎い色男さを感じさせてくれる。

また、

しかし、何をどのように感謝して、感謝をどういう形で表現するか悩みましたが、やっぱりブロガーとしてのやり方を貫きたいと思います。ということで、自分 のブログを読んで下さっている読者の中から、気になるブログを紹介させて頂いて、感謝に変えさせていただこうと思います。選ばれなかった方、ごめんなさい。 

 ここでもマスクド・ニシオカさんの優しさ、気配り、助け合いといった、人間としての懐の大きさ、心の温かさを感じさせてくれる。

感謝を形に出来るブロガーは、ます少ない。

胸がドキュンッ!ドキュンッ!である。

アタイが女だったら愛人1号になってもいい、そんな憎いスケコマシさを感じさせてくれる。

マスクド・ニシオカさんへ対する返歌

タイトルだけを見ると、空手をされている方が空手に関することなどを書かれているブログだと思われるかもしれませんが、確かにそれは間違っていません。し かし、空手以外のこともいろいろ書かれていて、中には本当にゾンビが襲ってきたら?というような、どこかで見たことあるぞ?というような内容もあります。 

 これには、

m(_ _)m

しかないです。

最初は真面目に空手について熱く語ろうとしたが、JKのOさんを境に、脱線に次ぐ脱線、最近はもはや「空手?そんなことよりOPPAIだ!」化している。

人間、信念を持つことの大切さを知った。私はOPPAIに負けた。

それだけのことである。

ブログの本来の楽しさとは

そして、なんと言ってもこのブログの魅力は、マッスル北村という題材で4回にわたって紹介記事を書くというマニアックさ。そして、あの武井壮を(脳内で) 倒そうする企画が5回に渡って書くという自由さ。これ以外にも、書いている人が好きなんだろうなぁ~と思わせる記事が満載です。これが、このブログの素晴 らしさであり、ブログの本来の楽しさではないかと思うのです。 

 これには全く同意です。

私自身、書くこと自体が好きであって、純粋に書くのが好きだから、たくさん書けるのである。特にブログを書く時間が楽しい時間である。ホントウダヨー。

もしこれが小説家やマンガ家だったら、編集者によって作者の意に沿わぬ展開を書かされがちだが、私は名も無きブロガー。野良犬だ。逆に編集者に噛み付いてやる!反骨魂だ!

自由に思い、自由に書き、OPPAIを連発しまくってやる!そんなブログもあってもいいじゃないか。ブログの可能性は無限大だ!

あ、もちろん他人様にご迷惑をおかけしない範囲で。

これは割と大切なので、3✕歳のおじさんとの約束だぞ!(ニッコリ)

勇気。それは大切なもの。

自分は、ブログを書き始めてたまたま上手いこといって3ヶ月が経ち、記事を書き続けて300を越えて、そこそこのアクセス数稼ぐことが出来ていますが、そ れでも何を書こうか迷うことはしょっちゅうで、自分の書きたいことを書いて果たして読んでもらえるのだろうか?と思うわけです。そんなときにこのブログを 見て、自分の好きなことを書く勇気をこっそりともらっています。でも、企業秘密です。

私のブログがマスクド・ニシオカさんに勇気を与えられているようで、大変光栄です。とても嬉しいです。

はてなスターやブックマーク数1000以上の嬉しさです。

是非、今後もマスクド・ニシオカさんをはじめとした、少しでも多くのブロガー様に、自分の好きなことを書く勇気を与え続けられるよう、私も真心を込め、より書き続けることを頑張りたいと思います!

(昨日はエックスビデオ先生に夢中になって、昨日の記事は割とやっつけだったのは企業秘密)

こちらこそ

今後も、自由奔放にブログを書いてもらうことを期待して、ここに応援させて頂きます。楽しみにしています。そして、これからもよろしくお願い致します。

とんでもございません。ご応援をいただけ、誠にありがとうございます。こちらこそよろしくお願い致します。

マスクド・ニシオカさんがどこまでいけるのかを、私は電柱の影に隠れながら、ひっそりと見守っております。

マスクド・ニシオカさんがいつの日かスターになり、はてなブログの歴史に名を残された時、「そういえばOPPAI連発してた最低最悪なブロガーもいたんだな」とふと思い出していただければと、もう満足の思いです。

私は、寂れた下町のうす汚い居酒屋で酔いつぶれながら、「昔、俺はあの人の記事に取り上げてもらったんだぜ~」とほくそ笑みます。

オチとして

今ここで気づいた。

私、すっかり空手記事書いてない。

ここで、「浦安鉄筋家族」のあのダメ父親を思い出す。

f:id:RlE:20160823200844j:plain

では、股~!

広告を非表示にする