上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです。

結婚。その呪文を唱えてはいけない!その②

「ガシャーン!!!」漫画でよく出る、物が壊れる際の擬音。両親の絶叫し、お互いを罵り合う声。私の親はよく喧嘩をしていた。口論をしていた。お互いの憎しみをぶつけ合っていた。私にとって世界で一番醜いショーを。幼かった私は何も出来ず、隅で目をつぶり耳を塞ぎ、ひたすら台風が過ぎ去り静寂が訪れる刻を我慢した。私はそんな幼少期を送っていた。

 

そして、とうとうその暴力の手は私にも及んだ。ある黒いモノによって。

f:id:RlE:20160824185312j:plain

※この画像でオチが分かったあなた、なかなかやるな!

 ある日の夜、母が私に黒いモノを無理やり食べさせようとした。私は黒いモノが何なのか分からず、鬼気迫る母の表情に怯え、泣き叫びながら拒否する。しかし母の腕力には勝てず、無理やり黒いモノを口に入られる。私の口の中でその黒いモノはたちまち溶け出し、それが何の感触であったのか理解できず、私はたまらず吐き出す。すると母はますます怒り狂い、より大量の黒いモノを、私の口の中に入れようとする。

 

こんな惨状を帰ってきた父が見咎め、父も母に負けぬ憤怒の顔で「お前また何やってんだ!」と母に詰め寄る。母も睨み返し「私の勝手でしょ!」「ふざけるな!お前何やってるか分かってんのか!?」「あなただって同じことやってるでしょ!」「ああ!?俺はお前とは違う!」「違わない!」ヒートアップするケンカ。物が壊れる。笑顔満開の家族一家で写った写真立てが砕け散る。壁にヒビが入る。私の目にはこう写った。二匹の獣がお互いを食らい合おうとしていると。

 

通報を受けて警察官が駆けつける。警察官は苦虫を潰しきった顔で、

「あんたら、毎回!毎回!いい加減、

たけのこ派ときのこ派で言い争うのはやめろ!!!」

こうして、我が家でのたけのこ派ときのこ派の争いは終焉を迎えた。私の心に深い傷を残して。たけのこもきのこもこわい。

このトラウマが私が結婚したくない理由

たけのこ派ときのこ派ケンカはさすがにネタだが、似たような理由で私の親はたびたび喧嘩をしていた。

当時、私の家は貧しかった。お菓子やおもちゃをあまりもらえず、私自身、子ども心ながら「ああ、ぼくのいえはびんぼうなんだな」と悟っていた程だ。

当然、貧しい思いを我が子にさせ、自分の不甲斐なさとやり場のない怒りを、自分の最愛の人へとぶつけ合っていた。

出てくる話題は、常に決まって、金、金、金。

どこにも救いはなかった。明るくて笑顔で食卓を囲む、そんな理想な家族風景は、本かテレビでの出来事だと思っていた。

片方の親が、もう一方の親に憎しみをぶつけ、悪口を言い合う。

私の知りうる限り、子どもの精神衛生上、最悪な環境だった。子どもの教育で一番悪いものは他にない。

そんな親を見ながら育った私、

どうやったら結婚願望が出来るんだ。

そんな私が結婚。想像するだけで吐き気がする。

結婚の意識の差がよく分かる会話

A「そう言えば、あなた結婚しないの?」

B「いや、しない。」

C「どうして?仕事忙しいの?」

B「結婚したらどうなるか、何年も見せられて育ってきたから。」

A「えっ?えっ?」

C「あっ・・・。(察し)」

この会話で、結婚したい人としたくない人が分かる。

「あっ・・・。(察し)」出来たCさんは、親が不仲な家庭で育った。だから結婚は幻想だと悟っている。結婚の現実を実際にこの身で知っている。

逆に理解できなかったAさんは、親が仲いい家庭で育った。だから結婚に未来を、希望を見出している。結婚はいいものだと捉えている。

これが「結婚したい人」と「結婚したくない人」の気持ちの差だろう。お互い理解できないのは当然だろう。

そして私はこれを女性攻略のネタにした。

私は、意中の女性を落としたい時によくこのネタを使った。

薄暗いバーで、私は遠くを見るようなさみしげな表情を作り、この話をする。

当然彼女はこの話をされて困惑する。

そこで私が潤んだ目で、

「でもね、ボクは知りたいんだ。結婚という幸せを。安らぎを。」

と彼女の手をそっととる。

「君となら初めて知れそうな気がする。そう、君でないとダメなんだ。

これで彼女のはイチコロさ

彼女の母性本能を電マ並に刺激しまくりさ

ラブホという愛の巣へまっしぐらGOさ

エークス何回だってOKさ

私はこの戦法で何人もの女性を泣かしてきたさ

さて、今夜もあの子を攻略してくるさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:RlE:20160824193538p:plain

 

完。ちなみに私はきのこ派だ。

広告を非表示にする