読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

上段回し蹴りで「柔道王」篠原信一を倒してみる①

ある日、たまたま私はテレビを見ていた。

よくあるパラティー番組を見ていた。私はこれって「やらせがほぼなんだよなー」と死んだ魚の目で見ていた。

そんな時、テレビ画面内にあるタレントが登場した。

途端、私の奥深くで眠る闘争心が目を覚ました!

私の闘争心が、「この人を倒せ!!!」と力強く訴えてくる。

そう、この人である。

f:id:RlE:20160902192112j:plain

 彼は篠原信一

シドニーオリンピックの柔道銀メダリスト。別の名を「柔道王」。

スポーツ界においては、超人クラスのアスリートとされている。

現在、彼はタレントとしてひっぱりだこで、大活躍されている。

こんな格好をしたり、

f:id:RlE:20160902192728j:plain

あんな格好をしたり、

f:id:RlE:20160902192400j:plain

彼本来の明るさと朗らかな人格で、人気者となっている。

現にテレビ画面内でも、楽しそうにタレントをこなしている。

しかし、私の目は眉間を深く寄せたまま、

「この人、目は笑ってるが、奥底では計り知れない闘争心を秘めている!」

とつぶやいた。

言うまでもないが、彼は柔道家。

オリンピックで後一歩で金メダルをとれた超人アスリート。

百年に一人の逸材。

努力と才能の塊。

柔道神に愛された柔道家。

f:id:RlE:20160902193257j:plain

実力は桁違いで強すぎる。第一線を引いた今でもその実力は現在だろう。

普通の人なら、そもそも勝負を考えないだろう。

彼と対峙した時、彼の巨大さと迫力に圧倒され、戦意喪失するだろう。

しかし私は違った。私は狂人だ。まともな神経はしていない。

むしろ、食いごたえがある獲物として、自らの牙をむくだろう。

私の頬の筋肉が釣り上がり、自分でも狂った笑みを浮かべていた。

「この人を倒してみたい!」

といった原始的欲求に駆られる。

ああ、この感覚は久々だ。精神が高揚し、闘志で体が熱くなってくる。

私の筋肉がふるえる。ハリー!ハリー!と、相手の肉を砕く、噛みちぎる、その感触を欲求してくる。

よし、次の私の対戦相手は決まった。

相手の名は篠原信一相手に不足はない!

こうして私は「柔道王」篠原信一さんにケンカを売った。(私の脳内で)

 

過去の名勝負記事?

rle.hatenablog.com

続く!

文字数849文字

所有時間39分