上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです。

拝啓 フミコ・フミオ様

今、私はこんな顔をしている。

f:id:RlE:20160907211058p:plain

それ位、信じられない、とても嬉しいイベントに出くわしたのだ。

おかげで気分はルンルン状態。

世界がとても美しく見える。空も綺麗だ。道を歩く人々全員が愛おしい。

地面をペロペロなめて、素晴らしき地球への感謝を示したい。

といつものように、グダグダになりそうだから、結論から言おう。

フミコ・フミオさんが私のブログの読者になっていただけた。

 最初、右上アイコンの「お知らせ」で、フミコ・フミオさんの「あなたの読者になりました」のメッセージをいただいた。

f:id:RlE:20160907211355p:plain

その瞬時、私はほぼイキかけた。こんな感じで。

f:id:RlE:20160907205813j:plain

だって、あのフミコ・フミオさんだよ。

伝説のブロガーだよ。

誰もが畏怖し、誰もが尊敬の眼差しを向けるブロガーだよ。

はてなブロガーの記事で、事あるごとに彼の名が出る程だよ。

読者数が4138人という、モンスターレベルのブロガーだよ。

フミコ・フミオさんは、はてなブログ界のヒーローなんだよ。

ちなみに私の昔のヒーローは、加藤鷹さんだったんだよ。

そんなブロガー様が私の読者になっていただけたんだよ。

フミコ・フミオさんを信じれば、救われるんだよ。

恋愛・金銭・健康・出世も思いのままだよ。

さぁ、読者のあなたもフミコ・フミオさんの信者になるんだよ。

早く!早く!

 

閑話休題

 

フミコ・フミオさんは一言で言うと、「ブログの魔術師」だ。

それ程、卓越した文章力を持っている。こんな文章力を私は他に知らない。

彼のブログのある記事で「これはウソだろ」と思えば、またある記事で「えっ、本当のことだったの!」と混乱させ、真実と虚飾が入れ混じる、そんなフミコ・フミオワールドへ、私たち読者を誘うのである。

読者達の心情はきっとこんな感じだろう。

f:id:RlE:20160907222135j:plain

最近の記事で例えると、フミコ・フミオさんの別居の記事がお見事。

delete-all.hatenablog.com

普通、「私たち別居しました~☆」系の記事はドン引きである。笑えない。

こんな自虐ネタは、「お、おう・・・。」と読者達をドン引きさせやすい。

なのに、フミコ・フミオさんはこのネタを、見事な記事へと書いてみせた。

すごい。すごすぎる。

恐らく、「実はこの子はあなたの子じゃないの!」系の超重たいネタも、フミコ・フミオさんは記事に出来るに違いない。それだけの文章力を誇っている。

こんな独特な世界を作り出せる文章は、普通の人にはまず出来ない。もはや芸風の域だ。固有結界レベルだ。

フミコ・フミオさんの凄さはこれだけに留まらない。

例えば、

delete-all.hatenablog.com

delete-all.hatenablog.com

このように、「本当なの?」と読者達は真実か虚飾か判断が出来ず、答えが見つからない。真実が曖昧である。ざわざわ・・・である。

かと思えば、

delete-all.hatenablog.com

delete-all.hatenablog.com

と腹をかかえるような、超面白い記事も書いている。

そして、

delete-all.hatenablog.com

と胸を打つような、真摯な記事も書く。もちろん皮肉・ユーモアも交えて。

このように、フミコ・フミオさんの記事を読む度に、

「だめだ!私の文章力では全く敵わない!真似すら出来ない!」と壁を思いっきり殴る。私の拳は血と涙で濡れる。

これが凡人と天才の差か。ちくしょう、彼はEDのくせに!

と全く見当違いの嫉妬すらする。

そして。

フミコ・フミオさんの記事を読む度に、文章を通して、フミコ・フミオさんはきっとこう思っているだろうと勝手に推察している。

はてなブログでの地位には関心がなく、自分の自虐ネタで気ままに書くのが好きなんだろうな。

と。

もし私の推察が外れていたら、(私の脳内で)焼き土下座をしますので許して下さい。

後、フミコ・フミオさんのファンによる炎上攻撃も勘弁して下さい。(切実に)

逆に私の推察が当たったとしたら、彼は以下の文章を「待ってました!」ばりに喜ぶかもしれない。

フミコ・フミオさん、あなたはいつもいつも「EDはつらいわー」と嘆いていますよね?

逆に言いたいのですが、私は性欲が強く、朝立ちは毎日あります。

この朝立ちが鬼門で、朝一番のおしっこがいつもつらいです。

私の下の息子は激しい自己主張をしており、いつもおしっこが便器からはみ出します。

その度に私は目に涙をため、便器の回りを雑巾でふきます。

ちなみにその雑巾はアンモニア臭たっぷりです。

EDはつらいと思いますが、朝立ちもつらいんですよ!!!

あなたの(下の)息子はとても順応で大人しい。

私の(下の)息子は好奇心旺盛すぎて、元気すぎる。

あなたの(下の)息子のしつけはとても楽。というかしつけすらしていない。

私の(下の)息子は貞操帯を使って、やっとしつけられる。

私はあなたが羨ましい!!!(二重の意味で)

以上~。

今後もフミコ・フミオさんの記事を楽しみにしてます!

 

文字数2045文字

所有時間2時間43分

フミコ・フミオさんへのラブで、とんでもない数値になってる・・・。

広告を非表示にする