読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

上段回し蹴りで「柔道王」篠原信一を倒してみる⑥

前回の続き。

大の大人二人が泥レスリング中。

その光景を、たまたま通りかかった母と息子が目撃する。

「ねー、ママ、あの人たち雨なのに抱き合ってるよー。」

「こらっ、マー君!見るんじゃありません!」

「僕ね、夜中にパパが知らないおじさんと、同じことをしてるの見たよー。」

「詳しく話しなさい。」 rle.hatenablog.com

私が先に動いた。

泥によるバランスの崩れ落ちを最低限に減らすため、

すり足の要領で篠原さんに近づく。

パンチの距離が射程内に入り始めると、

私は脇をしめ、

軸足の左足をねじり、

腰をまわし、

手首のスナップを効かせ、

回転を最小限に押さえ、

篠原さんの顔面をめがけ、

「一番速いパンチ」左ジャブを放つ!

 

f:id:RlE:20160908195309p:plain

左手に手応えを感じた。確実に人間の顔を殴った感覚がする。

なのに。

私の左シャブをくらった篠原さんは思いっきり「?」顔をしていた。

私は予測していたとはいえ、顔をしかめる。

やはり、この人は桁違いにタフなのだと。

篠原さんはいつも100キロ超えの選手を投げてきた。

しかしそれと同時に投げられもした。大外刈なり、背負い投げなり。

100キロ超えの体重が、自分の体全体に乗っかかり、押し潰す。

その痛みは筆舌に尽くしがたい。

篠原さんはその痛みに耐え続けてきたのだ。

私の左シャブが効かないのも、頷ける話だ。

それでも私は攻める!

f:id:RlE:20160908195453p:plain

だめだ。私の左ジャブではダメージが少ない。

仕方ない。そもそも左ジャブはストレートやフックみたいに腰の回転を大きく使わず、力を抜いて放つパンチだ。当然威力も少ない。

しかし、私にはこれしかない。

泥があらゆる攻撃の動作を殺す。ヌルっと滑る。踏ん張れない。

ならば、ヌルっと滑らず、踏ん張る必要が無い攻撃をすればいい。

それが「左ジャブ」だ。

幸い、篠原さんは柔道一本で、他の格闘技を身に付けていないか、私の攻撃に対応できていない。

これ幸いに、続けて三撃目を放つ!

f:id:RlE:20160908195921p:plain

相変わらず効いてない。しかし相手は人間だ。倒れるまで殴ればいい。

この単調な攻撃で攻め続ける!ひたすら!

しかし、シドニーオリンピック柔道銀メダリスト。

もう私の攻撃に対応してきた!

篠原さんの腕が私めがけて伸びる!

有り得ないほど高速の踏み込み後、私の胸ぐらを掴む!

私は咄嗟に、

f:id:RlE:20160908201455p:plain

f:id:RlE:20160908202406p:plain

ヌルっと逃げた。

篠原さんは( ゚д゚)ポカーン顔をしている。

当たり前だ。組んだと思ったら、ヌルっと逃げられた。

泥+水分+男の汗で、ここまでヌルっとなるのは想定出来なかっただろう。

こんなの初体験に決まってる。

私はこの篠原さんの動揺を見逃さず、すぐさま立ち上がり、

f:id:RlE:20160908202804p:plain

攻める!

f:id:RlE:20160908202903p:plain

攻める!攻める!着実に左ジャブでダメージを与えていく。

私の猛攻に焦った篠原さんが詰め寄るも、

f:id:RlE:20160908203511p:plain

後方に避けた。

泥+水分+男の汗を利用して、ヌルっと。

そもそも、彼が突進してきた時点で避けるのは容易い。

柔道は攻撃パターンは決まっている。

相手の懐に入り、投げる。

それだけである。

だから相手が動いた時点で、組み合わずに避ける。

それだけで簡単に避けられるのである。

彼の手が虚しく空を切る。

それと同時に、私は一方的な反撃に出る、

f:id:RlE:20160908204126p:plain

ひたすら攻める!

f:id:RlE:20160908204235p:plain

その時だった。

f:id:RlE:20160908210333j:plain

「いい加減にしろ。」

猛獣をも怯ませる。

そんな殺気に満ちた表情の篠原さんが私を見据え、こう言い放つ。

私は一瞬すくみかけるが、彼の気迫に負けず、逆に睨みつける。

竜虎対峙する。

私はその言葉を真の意味で理解した。

そして。

勝負は一気に動き出した!

f:id:RlE:20160908211427p:plain

その時、私は驚愕した。

この人、わざと受けただと?避けもせず?防ぎもせず?

何故?どうして?おかしい。何かが確実におかしいぞ。

猛烈に嫌な予感がー、

f:id:RlE:20160908213339p:plain

抱きしめられた。

赤ん坊を抱くが如く、優しく抱きしめられた。

篠原さんの吐息が私の顔にかかる。やけに生暖かい。

普通なら同性にギュッとされるのは嫌がるが、私は別の意味で嫌がった。

バイ。ヤバ過ぎる。

私の頭の中を警鐘が鳴り響くが、何も出来なかった。

私が必死に振りほどこうとする前に、押し倒される。

あっという間だった。

私の目線が空を捉え始めた時、初めて押し倒されたと気づいた程。

私の背中が地面に接地した瞬間、

f:id:RlE:20160908215153p:plain

腹を刺された。

篠原さんの膝が、私の腹を刺した。

膝蹴り。

膝は堅く鋭い部位である。第三のパンチと言われる程の威力を誇る。

体当たり的に体重を乗せることによって、威力をより増す事が出来る。

それを。

 

130キロの塊が。

 

私の腹を。

 

押し倒すようにして。

 

刺した。

 

その瞬間、私の内臓が確実に破裂される音を聞いた。

痛みは感じなかった。その代わり、腹の感覚がなくなった。

息が出来ない。呼吸が出来ない。酸素が行き渡らない。

血が、私の意志を無視して口から流れ出る。

脳内の「動くな!」という電気信号が強制的に垂れ流される。

次第に私の意識がシャットダウンしていくー。

 

前回の記事で決着といったな。あれは嘘だ。ごめんなさいm(_ _)m

なので、次回で本当に決着です。

 

文字数2017文字

所有時間3時間24分(←絵を描くのが絶望レベルで遅かったため)