読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

【空手未経験者】空手を半年やって分かったこと【必読!】 後編

前回のあらすじ

 

総合格闘技→とても合理的でスマートなイメージ

 

f:id:RlE:20160913193854j:plain

 

空手→荒々しく、野蛮なイメージ

 

f:id:RlE:20160913193923j:plain

 

※あくまでも私のイメージです。イメージですんで!!!m(_ _)m

 

さて、旋回の記事の前編では空手のき◯がいさについて書いた。

rle.hatenablog.com

後編は、空手について更に書きたいと思う。

 空手は軍隊なみに礼儀正しい

これはかなり意外だった。

私としては、空手道場の先輩が新入りを「歓迎会」と称して、集団リンチするイメージがあった。

もちろん、私は泣き叫びながら土下座し、許しを乞う準備をしていた。

しっかり準備している私大好き!!!

しかし。

実際は全く違っていた。道場の先生や先輩たちが異様に優しいのである。

イメージ>「RlE、組手すっからかかってこい!ブッ◯すからな!」

現実  >「RlEさん、組手よろしくお願いしますねー。」

私はこれには少々面食らった。

なんでも空手の道場訓にもある一つの訓で、

 

一、吾々は礼節を重んじ、長上を敬し粗暴の振舞ひを慎むこと

 

があり、解説すると、

「私達は礼儀を身につけ、 目上の人を敬い、人前で空手の力を誇示するような行動をとってはならない。」

となる。

この訓があるからこそ、道場生はお互いに礼儀を払い、目上の人を敬い、丁寧に接して下さる。ここにはオラオラ系は一人もいない。全員が人格者である。

こういうのが部下にいたら、会社の上司が泣き喜ぶレベルの礼儀正しさだぞ!

私はそこは総合格闘技は逆だなと感じた。

総合格闘技はフリーダムな雰囲気

実は私は総合格闘技のジムへ見学しにいったことがある。

そこでビックリしたのが、雰囲気。

とにかく雰囲気が独特というか、フリーダム状態である。

分かりやすく言えば、皆全員が自分のペースで行動していたのだ。

ある選手が必死にサンドバッグを叩いていれば、

横でスマホをいじっている人がいたり、

バーベルでトレーニングに励む人もいれば、

床に座って、ダラダラとおしゃべりする人もいたりと、

ここは大学のサークル部室か!!!

と心の中で突っ込みたくなった。

そして一番衝撃を受けたのが、

パンツ一丁で練習している人がいた。

私は( ゚д゚)ポカーンとなったのはいうまでもない。

もしこれが美青年だったらともかく、こんなおっさんがである。

 

f:id:RlE:20160913202456j:plain

 

無性に火炎放射器を使いたくなった。汚物は消毒だ!!!

 

f:id:RlE:20160913202108j:plain

※本当に人相手にやったらダメです!!!

 

その総合格闘技ジムは多少は特殊だったと思いたい。

まさか全ての総合格闘技ジムがパンツ一丁OKではないと信じたい。

それでも、やはり総合格闘技は若者に人気のせいか、若者たちが多い。

だからこそ、モラル面が少々ゆるいだろうと想定はしていた。

でもな、

パンツ一丁は想定してなかった。

つか、誰か指摘しろよ!!!

空手だったら制裁レベルだぞ!!!

あ、その総合格闘技ジム生は、全員真面目に練習を頑張っておりました。

拳立て200回が空手では普通

空手でも補強運動、いわばトレーニングがある。

しかし、そこはやはり空手。当然のように空手。息をするが如く空手。

コンクリート並に硬い床に拳を立てて、腕立て伏せをするのである。

普通、めっちゃ痛い。

つか、なぜそこで拳立て!?

である。

筋肉じゃなくて、拳の皮膚が痛い。

すりおろしされる大根の気持ちが分かった程だ。

これを、1~20の各数字をメモに書いて、そのメモを裏返しにしてランダムにめくり、出た数字だけの分を拳立てするのである。

ここで、1から始まり、20まで全てを足していったら、計210回になる。

その悪夢の補強運動が、M先生の気分次第で出るのである。

「今日の稽古の締めに、拳立てしますよー!」

のお言葉に、道場生全員が「・・・きやがった!」とざわざわとし出す。

やる太の顔なんかこんな表情である。

 

f:id:RlE:20160913204729p:plain

 

私も以前に拳立てで、拳の皮膚が切れ、血がにじみ出たことがあった。

そこへM先生の容赦ない一言。

「続行!まだ終わってませんよ!」

私は自ら心を壊し、無心で拳立てを終了させた。

もちろん、その翌日は痛みのオンパレードだった。

拳の皮膚が切れていてジンジンする。

筋肉痛もヤバイ。日常生活に支障をきたすレベルで痛い。

具体的に言えば、腕が90度以上曲がると痛い。

食事の時、フォークを使って料理を口へ近づけると自然に腕が曲がり、

「痛い!腕が痛い!」

となるのである。

コンナケイケンシタクナカッタ。

空手で身についたこと

一言で言うと「男としての自信」である。

簡単に説明しよう。

 

f:id:RlE:20160913210539j:plain

 

あなたは、この人のメンチに耐えられるのか。

恐らく、大半が目をそらし、残りは逃げ出したり失禁したりするだろう。

私?

私は内心では怯みつつも、「私に何か御用か?」と逆にメンチし返す。ナメられてたまるか!俺は負けない!!!

それ程の度胸、腕力、そして自己防衛手段を手に入れたからである。

空手のせいでな!!!(´Д⊂グスン

終わりに

正直、空手は時代遅れで荒々しく、野蛮な格闘技だ。

 

f:id:RlE:20160913193923j:plain

※イメージ!イメージ!イメージ!

 

しかし、野蛮礼節

矛盾するこの2つを「空手」は見事に一つの格闘技として昇華させた。

そして、空手家は大半が人格者。人が出来ている。

これは当たり前の話である。

きつい稽古を耐え抜き、男として強くなったという心の自信があるから。

また、痛みを嫌な程知っているから、その分人に優しく出来るのである。

 

私?

 

まだ空手を習って、そんなに年を重ねていない。未熟者だと思う。

 

だから。

 

今日も空手の稽古に行く。

 

己の体を痛めつけに行く。

 

苦しくてきつい稽古を重ね、

 

少しずつ、着実に強くなり、

 

男としての自信をこの手に掴むまで。

 

押忍!

 

後、この記事を読んで、空手に興味が出てきたあなた、この画像を送ろう。

 

f:id:RlE:20160913212254j:plain

 

以上。終わり~!

 

文字数2332文字

所有時間1時間46分