読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです。

男性のお尻マウスパッドに、私の文章力が負けた件

まただ。またこのパターンだ。昨日のアクセス数が、719の自己ベストを叩き出した。552のセカンドベストを大きく超えて。

 

f:id:RlE:20160927202204p:plain

なお、昨日の記事はこれである。

rle.hatenablog.com

そう、私は負けた。

 

f:id:RlE:20160926214234j:plain

 

伊達政宗のお尻見せドヤ顔に、私の文章力が負けた。ネタ物に私の文書力が負けた。これ程の悔しさ、屈辱があるだろうか。

私はしばしの間、涙したー。

 

落ち着いた私は、客観的に分析してみた。急激にアクセス数が伸びたのは恐らく、男性のお尻マウスパッドについての記事が注目されたからだと推測している。ではなぜ男性のお尻マウスパッドが注目を集めたのか?そこで私はしばしの間考えてみた。

 

恐らくだが、男性のお尻マウスパッドという、超マニアニックなグッズが思ったより、人々の関心を集めたのかもしれない。こんなグッズが存在するのを知らなかった人々も多かったのではないのだろうか。私自身、昨日初めて知り、かなりの衝撃を受けた程だ。

 

そもそも誰がこれを買うのか。答えは簡単である。いわゆる♂と♂の絡みが大好きな、腐女子たちだ。さすがに全員ではないだろうが、彼女たちが主な購入客層のターゲットと推測できる。

 

しかし、待ってほしい。そもそも私は腐女子について詳しくない。私の勝手なイメージで申し訳ないが、基本的に腐女子のイメージは「アニメやマンガなど、現実世界に存在しない架空キャラで、♂と♂の恋愛や肉体的絡み(ホ◯セ◯クス)を妄想して楽しむ人たち」だと捉えている。腐女子の方々、失礼!

 

でも、でもだ。なぜ彼女たちはなぜその妄想を楽しむんだろうか。性的嗜好を抜きにしても、私には到底理解が出来ない。そもそも彼女たちは性別的に女性だ。男性ではない。お◯ん◯んは生えてはいない。なのに、彼女たちは♂と♂の恋愛や肉体的絡み(ホ◯セ◯クス)を妄想出来る。楽しめる。男女恋愛ならまだ分かるが、これは理解出来ない。

 

たとえるなら、私がわざわざ女性(オ◯マ)になりきり、男たちになぶられ、私の菊の門をガンガン突っ込まれるのを妄想する。

無理だ!生理的に無理!許してくれ!

これだけでも拷問であるが、それでも私は歯を食いしばって頑張り、オ◯マになりきる。その状態で、今度は女性同士との絡みを妄想・・・、

出来るか!!!!!

 

私は深く頭を抱え込む。腐女子たちは異常なのか?頭がアレなのか?いいや、そんなことは絶対ない。彼女たちは人間失格レベルの異常者では決して無い。彼女たちは社会的に悪意のある存在ではない。何一つ悪いことをしていない。むしろあくまでも妄想内であり、他人に迷惑をかけてはいないはずだ。

 

やはり、彼女たちの個人的な性的嗜好が大きく影響しているのだろうか。彼女たちの妄想力が逞しすぎるのだろうか。性をとても特殊的に捉えているのだろうか。謎はますます深まるばかりだ。

 

ええい、もうこうなったら実践するしかない。私が体を張り。私自身の体を実験体にして。案ずるより産むが易し。物事は頭の中で考えるよりも、まずは行動から始めた方が手っ取り早い。

 

ということで、細長くて形状がやけに嫌らしい棒物と、ヌルヌルする液状物体をネットで購入してみた。早ければ明日には届くはずだ。am◯zonさん、ありがとう!この2つのアイテムを使い、腐女子たちの世界をほんの少しだが、垣間見たいと思う。自分でも何をやっているのか分からなくなりつつあるが。

 

私はどこにでもいるおじさん。一日アクセス数が4桁もいかない量産型ザグ。名も無き野良犬ブロガー。そんな私だ。規制も通報もクソ食らえだ。私は私の信念に従い、アキオの生き様を貫いてやる!

待ってろ、腐女子たち!!!彼女たちの世界に辿り着いてみせる!!!

 

以上~!

 

文字数1540文字

所要時間1時間11分