読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

【男の試練】あなたは風俗嬢に「本番いい?」と言える戦士か?【ここで堕落する戦士多し】

昨日書いた私の記事が、なぜか1300以上のアクセスに達し、おじさんびっくり。

rle.hatenablog.com

そこで分析してみたら、なんと検索流入されていた!つまり、ヤフーやグーグルなど、たくさんの検索エンジンの中から、私のブログを選んで頂けた。直接指名。これは嬉しい。コツコツ頑張ってきた甲斐がある。さて、私のブログを直接指名していただけた、その検索語を調べてみた。

 

f:id:RlE:20161015223644p:plain

 

これにはさすがの私もズッコケた。ちなみに検索語はこれだけ。

 

f:id:RlE:20161015224258j:plain

 

 

そこでふと思った。風俗嬢ともっと仲良くなり、ムフフなサービスを受けたいエロ戦士は多いだろう。私もその一人だ。

 

f:id:RlE:20161015225219p:plain

 

しかし、風俗嬢に客以上の好意を持たれる、いわば風俗女神の寵愛をもらえる戦士は少ない。逆に言えば、「風俗嬢に本番OKをもらえる=男としての存在価値を認められる」という、男たちにとって大変嬉しい考え方が出来る。男としての自信を持つことが出来る。女性からしたら「えー、不潔」かもしれない。仕方ない。男なんて、所詮こんな生き物である。

 

ここでかなり衝撃的な告白をしよう。私の過去の風俗店通いで、デリヘルやホテヘルなどの風俗嬢から本番OKをいただいたことが何回かある。本番OK=もっとムフフなサービスが、7~8割だったような気がする。

 

こんな私だからこそ書けるが、風俗嬢に本番OKを求める、その時点で男としての株を大きく落とすのだと気づいて欲しい。

 

そもそも、ソープランドでもない限り、デリヘルやホテヘルなどで、自分のお◯ん◯んを突撃させ、難攻不落の要塞に侵入するのは、法律違反。一応、売春防止法違反となり、風俗嬢とそのお店が、営業禁止など多大な被害を受けます。これは割と大事なので、覚えて欲しい。私自身が経験しちゃったし・・・。

 

仮に本番OKをした風俗嬢の気持ちに立ってみよう。

  • さっさとイケよ!こっちはマグロ状態で我慢したるから!
  • 次も指名してもらうよう、こっそりサービスしたる!
  • お前気に入った!まるかじりしたい!

次は、風俗嬢に本番OKをされやすい男性のタイプ

  • 紳士的で丁寧な扱いをしてくれる
  • 清潔感がある
  • 性格がよく、男としての余裕がある

といったところだろう。風俗嬢も結局は人気商売。風俗嬢だって、一人の人間。生活や学費のため、止むを得ず、自分を切り売りして、お金を稼いでいる。売れっ子になるために手段を選ばない人も残念ながらおられるだろう。

 

そんな風俗嬢の立場の弱みに付け込んで、

 

「本番いい?」

 

恥ずかしい。これは男として恥ずかしすぎる。ましてや、

 

「お前もしたくなっただろ?」

 

もう上段回し蹴りで顔面を蹴りたい程だ。昔だったら、侍の誇りとかで切腹レベルだと思う。マジで、本番OKを求める神経が私には理解できない。

 

ただ、そんな下品で自分のことしか考えていない残念男たちからしたら、

 

風俗嬢も一人の女性?大事に扱う?

そんなん、お金を出す立場の俺たちには関係ねぇ!

こっちも汗たらして、やりたくもない仕事をやって、やっとお金を稼いでる。その稼いだお金を「女を買う」に使って、何が悪いんだよ!!!文句あんのかよ!!!

 

というのが、男としての普通の主張だと思う。私は決して否定はしない。ただ残念だと思うだけだ。それ以上でもそれ以下でもない。

 

ただ、「本番OKを求める」事自体が、「もっと生活保護の支給額を増やせよ!パチンコ代や酒代に当てたいんだよ!」と自分勝手なサービスを要求する、人間としての尊厳を捨てた乞食と似ているのは、私の気のせいだろうか。

 

別に、男たちに誇り高い、信念高い生き方を私は求めてはいない。たくさんの生き方があってもいい。堕落した生き方があってもいい。自分の鏡を直視する勇気、あるいはふてぶてしさがあるのなら。私には到底無理だ。

 

なので、あくまでも「本番OK」は心の中で期待するだけに留めて、「ちょーだい!ちょーだい!」と求めるものではないことを留意してほしい。それが、お互いにとってベストな距離感だと、私は思う。

 

えっ、「私が本番OKと逆に風俗嬢に言われたら?」

 

あっ、ガス栓を閉め忘れたかも!確認してくる!

 

以上ー!

 

文字数1703文字

所要時間1時間26分