読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

アタシは「男の娘」にときめいているかもしれない

男の娘

前回のエントリーで、今年の目標として「お、オラ、MMA(総合格闘技)に挑戦するだ!」と宣言した。

 

しかし、実は私にはもう一つ挑戦したいものがある。単刀直入に言おう。

 

男の娘に発情してみる。

 

と、ここで読者のほとんどはドン引きすると思う。男の娘といっても、見た目は麗しき女性だが、チン◯ンがついている。生物学上、私と同じ男である。

 

なお、私は基本的にホ◯ではない。ましてや受けの属性はない。男のチンチ◯をパクリしたり、男の*をペロっととする程、強者ではない。そこまでレベル高くないッス。

 

しかし、男の娘ならどうだろうか。

 

もしかしたら、男の娘相手なら、私の村雨(両足の真ん中についているアレ)が臨戦状態になるのかもしれない。全くの未知数だが。だからこそワクワクするし、ときめく。

 

と、読者の諸君はこう思うだろう。「アキオの野郎、変態の極みや!!!」と。

 

しかしだ。待って欲しい。まずはこの写真をご覧いただきたい。

 

f:id:RlE:20170106193048j:plain

 もう賢明な読者はお気づきだろう。彼女、いや、彼は男の娘だ。女性らしい胸の膨らみが全くなく、どちらかというとスリムな男の体つきに近いだろう。

 

彼の名は大島薫。紛うことも無きAV女優である。

 

そして私が男としての敗北を覚えるのが、彼はチンチ◯がビッグサイズなのである。優に私の1.5倍、いや、1.3倍、ええい、なけなしの強がりを張って1.2倍の大きさはある。

 

彼はどうみても美女そのものである。それ程端麗な容姿。それを裏切るかのように立派なモノがついている。このアンバランスに、私は衝撃を受けた。まさにベリーの黒船来襲並のインパクトだった。

 

実は私は少し前まで男の娘が理解出来なかった。男のくせに・・・と生理的嫌悪すら抱いていた。

 

これも昔私がチェリーボーイだった時、好奇心に負けて、ニューハーフ物のエロビデオを買ったことがある。あまりにものエグさに、すっかり私の村雨は戦意喪失。

 

私の村雨が臨戦状態にならず、柔らかいままに終わってしまった。その苦い経験が、今まで男の娘を遠ざけていた要因にならない。

 

余談だが、私が購入したニューハーフ系のエロビデオは3000円と、当時の私のお小遣いでは決して安くない買い物だっただけに、私は号泣した。地を震わせるような魂の叫びを上げ、すっかりグレた。あの頃から「切れるナイフのアキオ」と異名をとり、不良たちの畏れの的となったのはいい思い出である。

 

それから数十年後。

 

毎日の日課であるエックスビデオさんの巡回をし、私の村雨はすっかり戦闘状態になっていた時、たまたま男の娘なるジャンルを見つけた。

 

「どうせ、男の娘といっても、男の肩幅の大きさはどうにもならないし、何よりエロくないやろ。」と、私は冷めていた。鼻で笑っていたともいっていい。

 

そんな中だった。大島薫を知ったのは。

 

エックスビデオの中で大島薫と男優さんの絡みを知った時は、私は雷を打たれた思いだった。いや、メデューサの如く、私は睨まれたまま、ただただ食い入るのみだった。

 

「こ、こんな世界もあったのか!?なぜ私は今まで知らなかったんだ!」

 

一言で言おう。

 

どう見ても女なのに、チン◯チンがついている。これが最大にして唯一無二のアドバンテージである。

 

可愛さ、体的アンバランスさ、性で揺れ動く葛藤感、これが男の娘の武器だろう。

 

なかでも私が注目したいのは、

 

恥じらいと背徳感。

 

これに尽きるだろう。例えを出そう。

 

普通の女の子「キャー、私の体をジロジロ見て!恥ずかしいー。」

 

男の娘「わ、私男だよ!ジロジロ見られると恥ずかしいなぁ・・・///」

 

そして私は男の娘をチョメチョメする。この背徳感、マジバねぇっす。

 

女にはない、ニューハーフにもない、男の娘特有の色気、背徳感。

 

「この人、男なのにかわいい!」と同性的壁を超えて、同性への性的衝動を持つ。

 

素敵やん!

 

少なくとも、私の目の前には新しい世界が開きかけている。はっきり言って、男の娘はマイナージャンルだし、胸を張れる訳がない。しかしだ。

 

男は度胸!何でも確かめてみるものさ!

 

なお、私の性の暴そ・・・、いや、純粋な好奇心の結果がどうなるのか、また改めてレポートしたい。

 

私を変態と思えば、そう思うがいいだろう。

 

ただ、これだけは言わせて欲しい。

 

人生は新しいことにどんどん挑戦して、結果が良かれ悪かれ、挑戦する姿はいつだって生き生きしているものだ。少年並みにドキドキし、ワクワクし、そして輝く。

 

私はもう今年で3✕歳になるだけに、これを痛感している。あなたはどうだろうか?

 

繰り返しになるが、いつでも、どこでも、誰であっても、私は挑戦する!!!

 

以上ー!

 

文字数1921文字

所要時間1時間03分