上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです。

正論クンをしばいたった

私が通っている訓練学校は「仕事が出来なかった」人たちが通う魔界の施設。

そんな昨日。

私は正論クンをタイトル通りしばいたった。

私と同じ科の正論クンは最初は素直だった。

年は私と近く30代前半だったこともあり、意気投合した。

今思えば正論クンはどこか人間として致命的に変だった。

ファッションなのか個人なりの信念なのか、今でも判断が出来ない。

ただ、あの非常に先鋭的なトゲトゲの靴を履く人は得てしてやばい類かもしれない。

闇金ウシジマくんの悪党のボスの獅子谷弟が履いていた靴を、正論クンは履いていた。

クローズの坊屋春道が着るようなスカジャンを、正論クンは着ていた。

この時点で「あ、こいつダメや」と思い、距離をめちゃとっていた。具体的には3mほど。

しかし正論クンの外見は、非常に悔しいことに爽やかでイケメン系だった。

私はそれにだまされた。

正論クンは授業が分からず(この時点で頭の良し悪しは察してほしい)、つまるところが多かった。

その度に私は見かねて、

「ここはこうだよ」

「アキトさんっ!」

正論クンは本当に素直だった。

恐らく裏表があまりない人間なのだろう。

しかし社会人としては不適応者、わかりやすく言えば社会から「ノー」を叩きつけられた人。

30代になっても工場勤務やバイトなど、まともな職業につけなかっただけあり、とにかく正論を吐く。

周囲をうざがらせて、早一ヶ月にして、講師たちから「要注意生徒」扱いされていた。

勘違いしないでほしい。

誰でも正論は持っていると思う。

しかし大声でうたうのではなく、

出来るだけ隠し持ち、ここぞという場面でこそ初めて言うものだと私なりの処世術を持っている。

逆に言えば。

あの人に手っ取り早く嫌われる技術として、常に正論を吐けばいい。

最初は聞いてくれるが次第にフェードアウトしてくれる。

もちろん周囲に「こいつはき○がいってw」というレッテルを貼られる。

私も最初は正論クンの正論に耐えていた。

「ごめんやけど言わせてもらうわ。アキトさん昨日休んだの?真面目に来ようよ!」

「ごめんやけど言わせてもらうわ。アキトさんは口が重いと思うよ。もっと科の人たちと仲良くなろうよ!」

「ごめんやけど言わせてもらうわ。訓練手当金は税金から出ているから有意義な使い方をしようよ!」

「ごめんやけど言わせてもらうわ。アキトさんの昼食はバランス悪いと思うよ。もっと野菜をとろうよ!」

「ごめんやけど言わせてもらうわ。アキトさんにとって授業が簡単だからって仏頂面しないで!周りの生徒たちのことも考えようよ!」

私はこの時点で放課後に正論クンを呼び出した。

「君の言うことはもっともだけど、ごめんやけど言わせてもらうわ。うるさいから控えて。」

正論クンは逆上した。

私は静かに言い放った。

「君は最初は友達はすぐに出来ても気がつけば離れているだろ。」

正論クンは無表情になった。

私はこの場を去った。

来週からは正論クンとは赤の他人になっているだろう。

でも私はそれでもいいと思っている。

私は正論クンを心の底から見下しているから。

松井さんの55番と長老クンの55歳と私の体重55キロと

今日も元気いっぱいに死んだ目をして、訓練校という現代の闇の巣窟に通っている。

そんな訓練校で長老クンがおられる。

長老クンは文字通り、訓練校に1~2年のサイクルで通ってくる生徒。

常識に考えてもありえない、

高校を卒業した人が

「やっぱり青春し直したい!」

と田舎の私立高校に入り直す。

これが8回。

痛いを通り越して「目を合わせてはいけない案件」をやってのけている。

ハローワークさん、仕事はきちんとしようよ!

ご年齢は55歳と、

この変態男の娘魂野郎でも

「うわぁ」

とドン引きするレヴェル。

彼自身就職を目指す気力もそぶりもなく、

入校直後の自己紹介で

「ボクは常に学ぶことを忘れないです!(お前らの税金で寄生するからな!)」

小学生のような純粋さ、

明らかに髪がアルシンド化、

ワイシャツの上からでも分かる醜いデ太り、

財布の謎のブランド物、

そんな長老クンに抱いた第一印象が

「この人と関わりたくない」

だった。

最初、長老クンは本当に大人しかった。

紳士ですらあった。

ただ私は見抜いていた。

「この人絶対声高に叫ぶタイプ」だと。

そして長老クンは少しずつ、

しかし汚水を垂らすように、

周りの生徒を洗脳していっていた。

「そうでしょうか?私はこう思いますよ。」

あまりにも穏やかで落ち着いて自信たっぷりに述べられ、

「私の方が間違っていたかも」

と相手を錯覚させて、

キーボードとマウスを高級かつ最新版に買い換えるよう提案して、

それが教員会議で通りかけ、

私を絶望感にまた一つ導いた。

このように授業の進行を確実に遅らせ、

他の生徒も洗脳して

「そうだそうだ」

と言い出させて、

講師たちの顔を能面化させ、

一部の生徒たちは悪魔を見る目つきをしていた。

そして長老クンは急に学校にこなくなった。

私は驚き、講師にこっそり理由をきいた。

「朝起きるのが苦手」

私は学校にテロる準備を再開した。

ビースト先輩、お久しぶりです

私はまた一つ訓練校で奇跡を見つけた。

ビースト先輩に出会った。

今日初めて彼に遭遇した。

他の科の生徒だったが、廊下ですれ違った時私は声を上げかけた。

ビースト先輩。

ネットを趣味にしている人なら一度か耳にしたと思う。

彼はかつて2000年代にかけて活躍?した男性専門男優である。

そして彼が去った今でも語り草になるほどの方。

ただの一介の男性専門男優がなぜここまで知られているのか。

迫真の演技。

ひどい脚本。

生々しさ。

魂の込もったセリフ。

それらが絶妙なバランスとなり、伝説に残る作品が世の中に出回った。

特に

「まずうちさぁ・・・屋上あんだけど・・・焼いてかない?」

は私の頭の中から一生離れないであろうパワーワード

そして神秘性。

ビースト先輩の消息は現在も不明。

バカッターがやらかした炎上案件で、

本人の情報が次の日には日本中に出回る程、

圧倒的な情報の速さと精密さを持ってしても、

彼の現在の情報は誰も掴めていない。

彼は本当に存在したのか?

今も私と同じ空を見上げているのか?

生きているのか?亡くなっているのか?

と錯覚を覚え、まさに真夏の夜の淫夢としか言いようがない。

そんな私たちの思い、願い、そして好奇心が、

「ビースト先輩○○説」

というとんでも話を今日も作り出している。

中でも

「ビースト先輩速水もこみち説」

普通に強烈すぎんだろ。

そんなビースト先輩が訓練校に存在していた。

私自身、最初は全く気づかず、

しかしよく顔を見てみると、

まさか、

そんな、

でも、

「・・・あの、ビースト先輩ですか?」

という言葉をのど寸前で抑え込み、

それほど酷似していた。

あの日焼けした肌、

ボサボサした髪、

性的に恵まれた体格、

あの鋭い切れ味の瞳、

私の肛門が思わず力んでしまった。

いくらなんでも本人な訳がないと思う。

それでも。

私の中のビースト先輩が現実世界の他人に乗り移り、

「お待たせ!アイスティーしかなかったけどいいかな?」

とささやいてくる。

ビースト先輩、やっぱりあんたすげぇよ。

今から私の汚れきった心を昇華させにいってきます

私は今私が怖くなっている。

訓練校が放つ、人間的場末雰囲気、這い上がれそうで這い上がれない、善意という名の究極の詐欺、

そんな負負負しかないオーラに私も絡め取られ、いつの間にか私もそちらの世界の住人になっていた。

現に、昨日の記事で小学生に対して「めっちゃ頭悪そう」という暴言を放ってしまったんだぜ?

わずか10才のこどもに対してだぜ?

ニート顔負けの資源と人源を無駄に消費させまくっている立場のおじさんが、未来あるこどもにガチで絡んでしまったんだぜ?

この事実を深く反省し、心の底から謝罪したい。

少年革命家さん、誠に申し訳ございませんでした。

訓練校に来る前の私なら、

「あー、この子は生意気いっちゃって!でもこどもだからしょうがないや!」

現在訓練校に通っている今、

「このくそがき、しばいたろか」

である。

悪貨は良貨を駆逐する。

腐ったリンゴがその箱全てのリンゴを腐らせる。

一人の老人のために周りの若者が犠牲になる。

どんなに賢人でも場合によってはヤクをキメる。

頭の中では分かっていたつもりだ。

覚悟を決めたつもりだ。

自分の心の中のアナルを差し出そうと決めていた。

自らケツをふり「ぶっといのをさしてぇ!」と穴をヒクつかせようとしていた。

分かってた!

分かってたんだよ!

でもな!

訓練校という名の闇には勝てなかったんだよ!

駄目人間たちが集まる場所で自分だけ聖人ではいられなかったんだよ!

訓練手当金という月8万円のおこずかいには勝てなかったんだよ!

だからこそ!

せめて還元という意味で!

お金はしこしこ貯めずに流通させるのが正解で!

今から風俗へ行くんだよ!

少年革命家さん、訓練校には来るなよ

不登校は不幸じゃない!」と力強いメッセージを発信する、今うわさの10才ユーチューバー。

最初、私がこの動画を拝聴した時は、

「めっちゃ頭悪そう」

だった。

それくらいしか、彼の動画で私の心に響くものはなかった。

何回見直しても、親御さんが書いた台本を見て、パクパクと発音しているにしか見えなかった。

失踪したお姉さん。お父さんのお仕事。多家族。

どう考えてもユーチューバー家族、闇そのものだった。

お金ほしさに我が子をジュニアアイドルとして売り飛ばす、ヤバ過ぎるアレだった。

私は直感的に「この子将来訓練学校に行ってそう」とさえ思った。

そもそも訓練校は仕事が見つからないではなく、仕事が出来ない人が行く施設。

仕事のスペックはポンコツなのは言うまでもなく、

常識とマナーの微妙な違いすら理解しておらず、

「おはようございます」「失礼します」「ありがとうございます」「すみませんでした」

さえ言わない。言えないのではなく、言う意味さえ理解していないと思う。

どうして言うのか、どのタイミングで言うのか、彼らの中では?だと思う。

ごく一部の生徒をのぞき、そんな生徒たちは、学力がない。

学校に通わせてもらえなかったり病気だったり貧困だったりと、

しんどくてハードな事情もあるにはあるけど、

基本的には大半の生徒が高卒どまり。

進学校とかではなく、底辺いわゆるDQN高校が多い。

高退や中卒の生徒も割といたのは驚き。

「おれはながされたくなかった」

「じぶんはじぶんらしくいたかった」

「ぼくにきょういくはいらない」

「むりしてまでがっこうにいくきはなかった」

的なあれで、

もの見事に人生をしくじって腐臭すら漂わせている生徒たちを見て、

やっぱり勉強を頑張り続けることは大切だと再認識した。

アホは勉強しないとアホなままである。将来の選択肢がなくなるだけだ。

シンプルイズベスト。

再認識させてくれた訓練校さんありがとう!

そもそも義務教育範囲内の学校は嫌々通うもので、

常識、我慢、適応、競争、協力など、クソッたれたものを嫌でも学ばなくてはならない場所。

私自身、中学生の時点で「これ意味なくね?」と学校の没個性教育に反発していたが、その度にママンに殴られて嫌々通っていた。

あの時はガチでママンのおパンツをネット販売したろかと思ったが、

とどまって、我慢して、勉強し続けて、無事に卒業できて、就職も出来て、本当によかった!よかった!

結局のところ。

学校に通うことさえ放棄した(出来なかったともいう)こどもが将来どう育つのが非常に気になる。悪い意味で。

願わくは。

訓練校に来るなよ。割とマジで。