読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

ボコボコにしてやんよ!

上段回し蹴りで会社の上司と部下たちを倒してみるその⑤

(現実世界) あ、アキオ君が泣き出している・・・!?大の大人が泣くのを初めて見た。こんなに深くこんなに哀しい涙を見たことはない。やっぱり僕のせいだ。僕の嫉妬心から、アキオ君の信用感を壊してまでカミさんを横から奪い取ったり、アキオ君の男らしさ…

上段回し蹴りで会社の上司と部下たちを倒してみるその④

(現実世界) アキオ君の様子がおかしい。A主任がそう確信を抱いたのは、アキオ君のそばに近寄った時だった。うつ病に見られがちな無気力感・気だるさを漂わせていたと思えば、急にアキオ君の顔がドヤ顔になっている。おかしい。テンションが上がるにしても…

上段回し蹴りで会社の上司と部下たちを倒してみるその③

(現実世界) A主任はアキオ君を心配し初めた。やはりアキオ君、疲れているな。さっきから机で微動だにしていないし。ああ、今思えば、アキオ君はプライベートで空手を習っていたんだった。空手稽古の疲労が蓄積されているのかもしれない。私はそれを知らず…

上段回し蹴りで会社の上司と部下たちを倒してみるその②

(現実の世界) A主任はアキオ君をふと見やった。アキオ君はいつも通り、機敏に仕事をこなしていっている。アキオ君は基本的に仕事が出来る。しかも誠実で素直な性格をしており、顧客や社内での評判も高い。僕のキャパ不足から、アキオ君の頼もしさにつけ込…

上段回し蹴りで会社の上司と部下たちを倒してみるその①

私はどこにでもおるおじさん。今年で3✕歳。最近下痢気味。 そんな私だが、一応サラリーマンである。社会人である。社畜である。 昨日も今日も明日も会社へ行き、自分の机に座り、淡々と仕事をこなす。 何回も頭の中で、会社に隕石が落ちたらいいなぁーと妄…

上段回し蹴りで「柔道王」篠原信一を倒してみる⑦

前回のあらすじ 大の男二人が雨の中、公園で泥レスリング。 それを見た子が、「パパも知らないおじさんと同じことやってるよ」と発言。 お母さんが発狂し、スマホを取り出し、夫に問いただす。 そして、本当はお父さんが不治の病で、体を動かすのも苦痛だと…

上段回し蹴りで「柔道王」篠原信一を倒してみる⑥

前回の続き。 大の大人二人が泥レスリング中。 その光景を、たまたま通りかかった母と息子が目撃する。 「ねー、ママ、あの人たち雨なのに抱き合ってるよー。」 「こらっ、マー君!見るんじゃありません!」 「僕ね、夜中にパパが知らないおじさんと、同じこ…

上段回し蹴りで「柔道王」篠原信一を倒してみる⑤

前回のあらすじ 大の大人二人が、雨の公園で泥レスリング中。 rle.hatenablog.com

上段回し蹴りで「柔道王」篠原信一を倒してみる④

前回の続き 大雨の中、私は篠原信一を挑発してケンカを売り、そして彼は買った。 ケンカ開始!!! rle.hatenablog.com ここで、私の未熟な文章力ではこの勝負を伝え切れないので、例によって絵も使った。なお相変わらず、私の絵心は皆無なのはお許し頂きた…

上段回し蹴りで「柔道王」篠原信一を倒してみる③

「ちぇっ、雨が降っちゃったか」 篠原信一はそう悪態をついた。 私はTV取材の後、ふと空を見やった。 天気が曇っており、雨が降るか降らないかの境界でせめぎ合っているように見えた。 私は一瞬タクシーを利用することを考えたが、結局は徒歩で帰宅するこ…

上段回し蹴りで「柔道王」篠原信一を倒してみる②

恐らく、読者はこう思っているだろう。 「ないない。アクセス数稼ぎのタイトル詐欺お疲れ様でしたwww」 と。 これに私はこう返したい。 「ガチで勝負をしたいからこそ、この記事を書いている。そして、この勝負は基本的にケンカだ(私の脳内で)。」と。 …

上段回し蹴りで「柔道王」篠原信一を倒してみる①

ある日、たまたま私はテレビを見ていた。 よくあるパラティー番組を見ていた。私はこれって「やらせがほぼなんだよなー」と死んだ魚の目で見ていた。 そんな時、テレビ画面内にあるタレントが登場した。 途端、私の奥深くで眠る闘争心が目を覚ました! 私の…

13歳の子どもをボコり、ダークサイトに落ちた私の拳その③

ぼく、やる太はこわい。にげたい。ぼくはからてをならってまだまだなのに、あのおじさんのミットうちをさせられるなんて。 あのおじさん、みためはばかっぽくて、Oおねえちゃんのむねをよくみているし。そのかおはだらしなくてきもちわるかった。 Mせんせ…

13歳の子どもをボコり、ダークサイトに落ちた私の拳その②

実は私はやる太をボコボコにしたのが初めてではない。前にもあった。 現在、私の通う道場には、やる太を含め、10代前半の子どもたちもいる。 その子どもたちと一緒に汗を流しながら稽古をこなしていく。 その稽古の内容によっては、子どもたちとも組手(ス…

13歳の子どもをボコり、ダークサイトに落ちた私の拳その①

私は今酔っている。美味しくもないお酒を無理やり胃に流し込んでいる。 そうでもないとやってられないからだ。 未だに私の拳は非常に嫌な感触が残っている。 自分の拳を何回も洗っても落ちないどころが、くっきりとしてくる。 これを何回も経験し、理解はし…

上段回し蹴りで「百獣の王」武井壮を倒してみる⑤

武井壮のワンツーワンによる猛ラッシュ。 その脅威なスピードの前に、私は全てをかわしきれず、私のダメージが徐々に積み重ねられていく。 私の意識が途切れ途切れになってきた。一瞬記憶が飛んだ。 やばい、これ危険信号。俺負ける。 くっ。 一か八か、仕掛…

上段回し蹴りで「百獣の王」武井壮を倒してみる④

武井壮さんに格闘技の経験がなく、特に対人戦が初めてという点をついた私は、ワンツローという、初見殺しで武井壮さんに徐々にダメージを与えていく。 これを何回か繰り返し、私の有利に勝負を運んでいた。 しかし。 武井壮の目が変わった。獣の目になってい…

上段回し蹴りで「百獣の王」武井壮を倒してみる③

さぁ、「百獣の王」武井壮さんを倒す準備はできた(脳内で)。 我が家にある地下室への入り口のドアを開く(脳内で)。 するとそこには圧倒的オーラを放つ「百獣の王」武井壮さんが仁王立ちしていた(脳内で)。 私が「準備はいいかい?」と静かに言い放つと…

上段回し蹴りで「百獣の王」武井壮を倒してみる②

私は今頭を抱えている。 前回の記事で、「百獣の王」武井壮さんを上段回し蹴りで(脳内で)倒すと宣言したが、いきなりの難題である。 rle.hatenablog.com 武井壮さんは強い。 「百獣の王」は伊達ではなく、実際に陸上で日本一をとったアスリートでもある。 …

上段回し蹴りで「百獣の王」武井壮を倒してみる①

前回書いた私の記事が、ある読者ブロガー様の記事に言及された。 ayayuito-japan2012401.hatenablog.com 私の記事が言及された嬉しさのあまり、思わずベッドの中に潜り込み、枕に顔をうずめ、頬をすり寄せ、「えへへっ、僕の記事が言及されちゃったー」と嬉…

16歳の高校生をボコボコにした3◯歳の私④

前回のあらすじ。 大魔神の暴力的なまでの攻撃に耐え切ったやる夫。 私はそんなやる夫を見直し、よりボコボコにしようと決意を固めた。 しかしある日、やる夫の大会戦績は予選敗退がほとんどと聞かされたー。 「えっ、ウソでしょ?」 それが私の第一の感想だ…

16歳の高校生をボコボコにした3◯歳の私③

前回のあらすじ。 大魔神の異常なパワーの突きと蹴りを、ミットで受けるやる夫。 私はやる夫の葬式の準備をし始めた。 まるで「一緒にポケモンGO行こうぜ!」と言った気軽な感じで、 大魔神「じゃあやる夫行くよー」 やる夫「押忍!」 このやり取りが、私…

16歳の高校生をボコボコにした3◯歳の私②

前回のあらすじ。 大魔神に「今日も稽古をお願いします!」と挨拶をしたやる夫。 私はそんなやる夫をバカな目で見つめた。 黒帯クラスで県大会準優勝者の大魔神。 彼が出現しただけで、道場の雰囲気が変わった。これが強者の放つオーラか。 私はさり気なく道…

16歳の少年をボコボコにした3◯歳の私①

私は空手を学んでいる。 最初は稽古に励んでいるJK目当てだったが、今は純粋に強くなりたいため、 そしてJKのOさんのおっぱい目当てに通っている。矛盾そのものである。 と、そんな私だから言えることがあるが、 空手をやっている人は全員ヤバイ これを…