読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

「防災の上級者」という一歩を踏み出そう!

私が思ったこと

今週のお題防災の日」で、私はふと思った。

「防災」。

文字通り、地震津波・豪雨・火事など、あらゆる災害に備えることである。

全国各地では、防災訓練・防災グッスなど、様々な活動が展開されている。

しかし、その度は私は思う。

ちょっとなんかズレてない?

勘違いしないで欲しい。

私は何も防災活動を軽蔑しているつもりは毛頭ない。

防災訓練。防災グッス。災害について学ぶ。

それらは大変有意義なことだし、防災意識が高いのは素晴らしいことだ。

しかし、ここで少し振り返ってみたい。

あの東日本大震災広島市土砂災害、熊本地震、そして北海道の台風10号。

あの極限の状態で、一番必要なものは何か?

私はそれについて書きたいと思う。

防災訓練

防災訓練といえば、学校で「火事発生ですよー!」と校庭に生徒全員が集合したり、消化訓練をしたり、救出訓練をしたりなど。

災害の時、素人は訓練通りにやれるのか?

ビビらず、パニックにならず、適切にやれるのか?

はっきり言おう。無理。絶対大半の人がちゃんとやれない。

素人は素人らしく、大人しく自衛隊などの救出を待った方がいい。

素人が変な正義感で出しゃばると、余計な二次災害すら招く危険性すらある。

防災訓練なんて、所詮は仮想体験だ。実体験ではない。

せめて、10分後に崩壊するビルから、命辛々脱出する等のリアリティーが欲しい。それくらい命がけでないと、一般人はなかなか気づかないものだ。

防災グッス

防災グッスといえば、これだろう。

水、乾電池、食品、ラジオなどをまとめた、家にある避難リュック。

確かにこれを常時用意しておくことはとてもいい。有効だろう。

でも。

いざ災害が起こり、我が家が倒壊し、入れない状況だったとしよう。

あるいは、その時あなたは外出中だったとする。

避難リュック持ち出せないやん。

 24時間中、避難リュックを背負っているなら話は別だが。

一応家の中に避難リュックを用意しておく。

しかし実際に災害が発生した時、避難リュックを持ち出せる可能性・リスクを考え、現場で調達する方法も身につけておいた方がよいだろう。

避難指定場所での避難生活

 実際に災害に見舞われた時、まずは避難指定場所に避難するだろう。

しかし、その避難指定場所の環境は最悪とみていいだろう。

飢えを凌ぐ食べ物がない、寒さを防ぐ設置がない、寝れる場所がない、排便できるところが見つからないなど。

その生活が一週間も続いたとしよう。

体壊す。あるいは衰弱する。

当たり前のことである。

温室育ちだった犬が野生に帰された時、ちゃんと生きていけるか?

無理である。話はそれと同じである。

災害に耐える体力を作ろうよ

災害時において、一番必要なもの。

私はそれは体力と考えている。

最悪の環境で、最悪の状況で耐え抜き、生き抜く。

そのためには、知恵や技術もそうだが、先立って必要なものは体力だ。

それなりに腕力や足腰が強い筋力、1時間ランニングしても疲れないスタミナ、苦しみに負けない強い気力。風邪をあまりひかない免疫力。

そんな体力を全国民が持ったとしよう。

災害時の健康被害は三割ほど減る。

自衛隊などレスキュー隊の負担を減らせ、お医者さんの一人ひとりの患者に対する処置時間も減らせる。

何より、自分自身の生還率が上がる。

なぜ、このことを重点に教えないのか、私は首をかしげている。

災害に備えて、今日から体を鍛えよう!

ボディビルみたいに、筋肉を大きくするために鍛えるのではない。

アスリートみたいに、使える筋肉を鍛えるのでもない。

災害に備えて、長時間活動出来る体を目指して、鍛えよう。

ジムにあるランニングマシンやサイクリングマシンでもいい。

あるいは水泳でも、登山でもいい。

サッカーやボクシングなど、自分の好きなスポーツで鍛えてもいい。

とにかく体力を作ろう!

少しでも災害による被害者を減らすために

「災害に耐える体力を作ろう!」

私はこの一心で、この記事を書き上げた。

少しでも共感、お役に立つことが出来たら、本当に嬉しいです。

自然災害大国である日本。

その災害に負けない「防災の上級者」を目指そう!!!

 

文字数1672文字

所有時間1時間41分