上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです。

16歳の高校生をボコボコにした3◯歳の私③

前回のあらすじ。

大魔神の異常なパワーの突きと蹴りを、ミットで受けるやる夫。

私はやる夫の葬式の準備をし始めた。

 

まるで「一緒にポケモンGO行こうぜ!」と言った気軽な感じで、

大魔神「じゃあやる夫行くよー」

やる夫「押忍!」

このやり取りが、私には異常な光景に思えた。こいつらキ◯ガイか?とすら思った。

例えるとケンカで、ヤンキーが金属バッドを持ち出したようなもの。それ程の威力が大魔神にはあるのである。

そんな大魔神が蹴りの構えをすると、やる夫の顔にやや緊張が走ったように見えた。

私はやはり無謀では?止めるべきでは?と未だに心の中で葛藤していた。

こういう光景しか思い浮かばないからである。

f:id:RlE:20160804184524p:plain

そんな私の葛藤をよそに、大魔神の気迫と共に、凄まじいスピードの突きと蹴りがやる夫のミットを打つ!

 ※大魔神とやる夫のミット打ち練習のイメージ。

 www.youtube.com

言葉もなかった。

大魔神の突きや蹴りが速すぎ、そして一撃一撃が重かった。素人相手だったら5秒もあれば、相手は地面にキスしているだろう。

これが黒帯クラス!これが県大会準優勝者の実力!強すぎる!

しかしそれよりも信じられなかったのが、やる夫。

やる夫は大魔神の攻撃を全て受け切った。

大魔神のパワーとスピードに押され負けず、最後まで一歩も後ろに引き下がらなかったのである。

突かれても、

f:id:RlE:20160805170731p:plain

蹴られても、

f:id:RlE:20160805170753p:plain

連続攻撃されても、

f:id:RlE:20160805170928p:plain

やる夫は耐え切った。

f:id:RlE:20160805171240p:plain

私は雷を打たれた思いだった。

16歳の高校生が、ミット越しとはいえ、黒帯クラスの攻撃を耐え切った。

私はそれが信じられなかった。夢だとさえ思った。

そんな中、

「押忍!」

と共に大魔神とやる夫のミット打ち練習が終わった。

練習後、どうしても気になった私はやる夫にこう尋ねた。

「あの大魔神の攻撃を耐え切るなんて。痛くないの?怖くなかったの?」

と。すると、やる夫はきょとんした顔で、

「いや、めちゃ痛いけど慣れてるんで!」

f:id:RlE:20160801194748p:plain

この表情である。

瞬時に私はこう悟った。

例え金属バッドでめった打ちにしても、やる夫は決して倒れないだろう。

それくらいのタフさと根性と気合を、16歳の少年が持っている。

これが空手か!

気がつけば、JKのOさんのやる夫を見る目がいつもと違った。

強い男を見る目をしていた。そう、メスの顔をしていた。

16歳のガキに、3✕歳の私が同じ男として負けた。

その事実に耐え切れず、私は逃げるようにして道場を後にした。

JKのOさんの胸をガン見するのも忘れずに。

 

後日、そんな強さを持ったやる夫が、県大会で万年予選敗退者だと聞かされたー。

広告を非表示にする