読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです。

3✕歳のおじさん、頑張ってスタイル維持をする

私はどこにでもいるおじさん。今年で3✕歳。最近はやや胃もたれ気味。そんなおじさんだが、今日も頑張ってトレーニングしてきた。トレーニングを頑張る理由?言うまでもない。スタイル維持のためだ。30代以上のアラサーたちならご理解いただけると思うが、年を重ねるごとに、どうしても体がだらしなくなってしまう。お腹が脂肪で膨らんでしまう。ベルトのサイズがきつくなってしまう。無論、見た目の印象もよろしくない。特に女性から見たら軽蔑さえされるだろう。私は年をとってもこんなおじさんでいたい。

 

f:id:RlE:20161002211309j:plain

 

街を歩く女性たちを見てほしい。体のラインがよく分かるシャツやボトムズを着こなしており、その姿はとても様になる。特に脚が長くてカッコいい女性を見ると、私的には「やるじゃん!」となる。服の着こなし上手もあるが、大抵はダイエットや食事制限など、目に見えない努力を常に欠かしていないことが分かる。こういうカッコいい女性を私の街では3~4人は見かける。

 

f:id:RlE:20161002212031j:plain

 

では反面して、私たち男はどうなのか。これには結論から言おう。ほぼ全員がなよっとしている。弱々しい。力強く見えない。最近の若い男たちは、確かにやたら背が高く、脚も長い。無駄な脂肪もついておらず、一見スタイリッシュに見える。しかし、それだけ。男らしい、野性的なセックスアピールが見えてこない。私の正拳突き一本で倒れそうな程、オスらしさ、生命力が強そうに見えない。

 

f:id:RlE:20161002214139j:plain

 

私が思う、男の理想の体型とは、これではないだろうか。盛り上がった胸、がっしりした肩幅、力強く見える腕、くびれすらあるお腹、引き締まった脚のライン、まさに男らしい力強さ。生命力。私はこのカッコいい体をした男を全く見ていない。よくて100人に1人の確率。カッコいい外国人の体型を見る度に、同じ日本人として、ちょっと負けた気持ちになる。

 

f:id:RlE:20161002212730j:plain

 

えっ?遺伝子?骨格の問題?日本人だから無理?そんなものは、私から言わせてもらえれば言い訳である。「自分は出来ない」理由をあれこれと探しているように見える。たとえを出したい。あの魔娑斗さんを見てほしい。魔娑斗さんは、キックボクサーで世界一を獲った格闘家である。現役引退後のアラサー(37歳)でも、トレーニングは欠かさず、今のようなカッコいい体を維持されている。

 

f:id:RlE:20161002213750j:plain

 

このように、アラサーであっても、トレーニングさえ頑張れば、お腹を割ることが出来る。逞しい胸板を作れる。力強い肩や腕を作れる。ジーンズもピシッと決まる脚を作れる。要するにカッコいい体を作れる。というか、外国ではトレーニングは大人気で、カッコいい体はトレーニングで作るのが、外国ならばでの常識である。

 

私はこんなおじさんにはなりたくない。見る方が不愉快な気持ちになるし、存在自体が犯罪とすら感じている。自分を諦め、妥協しまくったなれ果ての姿だ。運動を怠け、好き勝手に食い、ただただ寝る。それを繰り返しただけ。私は内心では「だっせー笑」と思っている。

f:id:RlE:20161002214519j:plain

 

ナルシスト?そうだ、私はナルシストだと思う。3✕歳になっても、お風呂上がりに全裸で私の筋肉の引き締まり具合を確認する、そんな手遅れレベル。そんなナルシストでも、プクプク太った肥満野郎よりも500倍マシだ。人を不愉快にさせないという意味でも、私はナルシストを選ぶ。

 

最近は日本でも健康が意識され出し、トレーニングがブームになっている。トレーニングが浸透してきている。現に、カッコいい体を競い合う、ベストボディジャパン大会などが出来たのも最近だ。そんな「カッコいい体になりたい」そんな需要を見出したのか、ライザップ、大手フィットネスジムだ。

 

f:id:RlE:20161002215900j:plain

 

しかし、私はこのジムを疑問視している。別にライザップに恨みも何もない。ただ私が、「トレーニングの悪いイメージを植え付けるジム」という印象を持っているだけなのだ。あんな超ハードなダイエットは絶対体に悪い。後のこと考えてない。リバウントする確率が高い。と、この話は、また後日に書きたい。

 

とにかく、トレーニングは大切だ。是非、日常生活のルーティンに加えてほしい位。自分がカッコいい体になる。たったこれだけのことで人生が大きく変わる。自分に自信がついてくるし、おしゃれが楽しくなる。見た目の印象もよくなる。髪型やら服装やらを気にしている時間があれば、その時間をトレーニングに使ってほしい。

 

トレーニングに対して正しい知識さえ持てば、ゴールドジムなどオシャレで高級なジムではなく、築20年以上のボロ市営ジムでも、充分トレーニングは出来る。体を鍛えることが出来る。私は今年で3✕歳だが、見た目が悪くはない体を維持出来ていると思う。是非、「Tシャツ一枚でも様になる、カッコいい体」を是非目指してほしい。

 

オチとして

これはカッコいい体でも、社会的にアウトなのでご注意を!!!

 

f:id:RlE:20161002220806j:plain

 

以上~!

 

文字数1998文字

所要時間1時間06分

 
広告を非表示にする