読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

コンビニと不良たちと空手と私と④

私が思ったこと

ある日の夜、あなたはコンビニへ買い物しに寄りました。

すると、コンビニで不良たちがたむろっていました。

不良の中の一人がこちらに寄ってきました。

「おい、あんちゃん、何見てんだよ?」

f:id:RlE:20160809012642j:plain

その時あなたはどう行動をとる?

①スルーする

②謝る

③ケンカを買う

④逃げる

⑤怖さの余り、泣く

ちょっと考えてみて下さい。答えは以下になります。

 ①スルーする

不良たちが激怒し、ボコボコの展開へ。

BADEND!

 

②謝る

大抵は不良たちが調子に乗り、カツアゲされたりおもちゃにされる。

BADEND!

 

③ケンカを買う

一対複数人なら諦めろ。仮に勝てたとしても、一緒に仲良く警察に捕まります。

BADEND!

 

④逃げる

あなたが足が速かったなら、不良たちから逃げ切った。

GOODEND!

 

⑤怖さの余り、泣く

あなたは怖さの余り、ひたすら泣く。すると周囲の注目を集め、不良たちはヤバイと判断し、去っていく。

GOODEND!

 

と、不良に絡まれた時の答えは④と⑤になる。

なぜ④と⑤が正解なのか

ここで「④と⑤の選択肢はかっこ悪くね?」と思われる方もおられるだろう。

その意見に私はこの言葉を送りたい。

「逃げるが勝ち」

つまり不良たちに絡まれる時点で、あなたは運が悪い。大量の蚊に襲われるようなものである。

仮にケンカになって、勝ったとしても得られるメリットはごくわずかだ。むしろデメリットの方が大きい。

メリット →俺TUEEE!!!と自惚れられる、友達に自慢出来る

デメリット→警察に捕まる、周囲に迷惑をかける、自分もケガを受ける等・・・

アホらし。無益。無駄。無意味としか言いようが無い。

これなら不良たちをスルーした方が100倍お得だ。

あ、トラブルを金で買うのもアリだ。

もし私が不良たちに「お金貸してよ~」と言われたら、「はい、1000円ね。あげるから返さなくていいよ。」とさっと差し出して、さっさと去る。

賢い人はお金でトラブルを避けるのである。

逃げさえすればいいの?

前置きがいつものように長くなったが、本題はこれである。

格闘技経験者やスポーツ経験者ならば、囲まれる不良たちの隙さえつけば、逃げ出すことは出来る。逃げ切れれば、ユーウィン!です。よくやった!

しかし格闘技やスポーツ未経験者、あるいは運動神経が鈍い人は?

仮に勇気を振り絞って逃げ出そうとしても、

「あなたは逃げ出した!しかし囲まれた!」

である。

こんな感じである。

f:id:RlE:20160727173622j:plain

仕方ない。大抵は、場の空気に飲まれてしまうからである。

そう、蛇に睨まれた蛙のように。

突然出くわした修羅場に、とっさに対応出来る人はごくわずかだろう。

じゃあ逃げる方法はないの?

ある。

 

いるじゃないか。

 

オレたちにはあのお方が。

 

そう。

 

f:id:RlE:20160809014456j:plain

この人である。江頭2:50さんである。

なぜ彼がお手本になるのか?

よくよく考えてみてほしい。

あなたが不良だったとして、は江頭2:50さんに絡みたいか?

私は断然断る。

彼のキ◯ガイさ(芸風)に関わりたくないからである。

テレビ番組での数々の暴走シーンをご覧頂ければ分かるだろう。

目の前で、スパッツの股間辺りを勢い良く伸ばし「ドーン!」とされたり、「かっぺむかつく!」と意味不明なことを言われたり、挙げ句の果てに「バッキャロー!」と全裸。

超関わりたくねぇ!!!

そう、江頭2:50さんのキ◯ガイに不良たちはビビるのである。

キ◯ガイ。あるいは狂気。

これが不良たちの絡みを避ける、一つのヒントである。

狂人キャラを演じろ!

不良たちに絡まれ、「ちょっと向こう行こうや?」という展開になりかけたら、狂え。壊れろ。意味不明に叫び続けろ。江頭2:50さんばりに。

もし江頭2:50さんの狂うマネが難しければ、この人でもいいだろう。

f:id:RlE:20160810094109j:plain

※あの伝説の号泣会見をした野々村議員。

あの人になり切ったつもりで、狂人キャラを演じ切るのである。

「ぼぉぉくぅはぁぁぁーーーー!」泣きながら大声で叫び続けるだけでいい。

そうすると群衆が騒ぎを聞きつけ、周囲に注目を集め始める。

叫び声を聞いた警察官が駆けつけてくるかもしれない。

そしたら不良たちはたちまち不利を悟り、そそくさと逃げ出すだろう。

そうなれば、あなたの勝ちだ。

そりゃ見た目はカッコ悪い。しかし己の体を守り抜けた。

GOODENDではないか!

狂人キャラを演じるのが無理だったら

これを常に携帯して、いざとなったら鳴らせばいい。

「防犯ブザー」である。これは非常に有効な道具である。

f:id:RlE:20160810095403j:plain

Amazon CAPTCHA

「始めからこれを言えよ!」とお叱りを頂きそうだが、もう一回聞きたい。

あなたは、

f:id:RlE:20160809012642j:plain

この人の前で防犯ブザーを鳴らせますか?

動揺せず、手が震えず、スムーズに鳴らせますか?

もしかしたら逆上して暴力をふるってくるかもしれない。

こういうリスクもあるのである。

 

以上がこれが私が教えられる、力を持たない者たちなりの自衛手段である。

この方法は、コンビニの不良たちに限った話ではなく、ヤ◯ザさんに囲まれたり、あるいは海外で外国人に囲まれたりなど・・・といった非常事態にも有効である。

もし、他にも名案があれば、ブコメなりコメントなり、是非私にお教えいただきたい。ビビリ魔な私を助けるつもりで是非。私だって怖いもん。

オチとして

もし夜にコンビニにたむろっているのが、ギャル風のJKだったら?

基本的に彼女たちは暇をもて遊んでいる。

そして今は夏休みで何かと気分が開放的。

燃え上がるような出会いや刺激を求める季節。

つまり、ナンパ成功率が高いのである。

そう考えると、夜のコンビニはJKゲットし放題の隠れポイント!?

まさに夢広がりング!いやぁ、夏が楽しくなってきたぞ!ワクワク!

そうだ、私の下の息子にも香水をふりかけておこう。フフ~ン。

 

※追記 この日記は私が警察に捕まり、最後の日記となった\(^o^)/オワタ

広告を非表示にする