読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

私の狂気の拳を体を張って受け止めてくれた、そんなやらない夫①

空手

私はどこにでもいるおじさん。空手を習っている3✕歳。多分マッチョ。

そして最近だが、私は思っている。

M先生の空手道生のほとんどが個性的変わり者なのだと。

M先生や、大魔神や、やる夫や、JKのOさんや、そしてやらない夫

今回は同じ道場生の「やらない夫」を紹介したいと思う。

彼に出会ったのは、私が空手を習い始めた直後だった。

f:id:RlE:20160810214351p:plain

※ネットで有名なキャラクター「やらない夫」。やる夫の相棒でもある。

彼は有名私立高校3年生で、少年ながら身長は180cm近くある。

帯は茶色。この色は上級レベルの実力で、黒帯に近いレベルである。

やらない夫の突きや蹴りのフォームが非常に綺麗でスピードも凄まじい。

しばしば私は彼の突き・蹴りに魅入ったものだ。

彼は勤勉家で真面目。学校では模範生らしい。空手を習っていることを決して自慢せず、むしろ謙虚に徹しているらしい。

f:id:RlE:20160810220027p:plain

それでいて性格が明るく、ユーモアもある。

きつい稽古で、しばしば殺伐しがちな道場の空気を和らげてくれる、そんなムードメーカーでもある。

f:id:RlE:20160810215959p:plain

ルックスもフツメンをやや上回っている。可愛がられやすいタイプのルックスだ。

f:id:RlE:20160810220546p:plain

私が入門した当初から、やらない夫の存在感は非常に大きく見えていた。やらない夫と組手(スパーリング)したくないと思った程だ。

f:id:RlE:20160810220716p:plain

特にやらない夫がミットに向かって放つ蹴りは迫力があり、特に上段回し蹴りはすごかった。あれだけ魅せる蹴りを私は他に知らない。

そして当然のごとく、私は嫉妬した。

あの野郎、絶対ヤリチ◯だ!学校中の女生徒の大半を性的に食っている顔だ!

私はこの歳でKIRIN彼女いない歴ナウ)なのに、私より半分しか生きてないガキが調子にのりやがって!くそっ!おもしろくねぇ!

そんな最低レベルの嫉妬心からか、稽古中にしばしばやらない夫を睨んだ時期もあった。

しかし、やらない夫と目が合うと、

f:id:RlE:20160810221046p:plain

「文句あっか?」と力強い目力で返してきて、即座に目をそらす、そんな3✕歳のおじさん。

やらない夫と自分を比べてみる。

やらない夫は誰からも好かれ、将来を期待されている少年。

片や、稽古をとにかくサボり、JKのOさんのけしからんOPPAIをガン見するおじさん。

なんてこった。自分があまりにもみじめだ。

カスだ。ゴミだ。ウンコだ。使用後のコン◯ームだ。同じ男として悔しい。

そんなの思いが稽古に通うごとに強まっていき、一時期はやらない夫のいる道場に通うのが嫌になった程だ。

カスでゴミでウンコで使用後のコ◯ドームな自分を慰めるため、毎日安物のお酒(ほ◯酔い)を2~3本飲み、泣きながら泥酔する毎日。一時期、アルコール中毒症までいってない。

そんな腐り切った私がたまに稽古に顔を出すと、決まってやらない夫が声を掛けてくる。

「最近お仕事が忙しいんですか?あまり無理しないで下さいね!」

f:id:RlE:20160810223554p:plain

この屈託のない、純粋な笑顔である。私は濡れた。

私はこの子なら抱かれてもいいと思った。受けだ。ネコだ。

そんな完璧超人にも近いやらない夫だが、当時の私は知らなかった。

実は彼は彼で、深い悩みを抱えていたのだと。

f:id:RlE:20160810223817p:plain

私がその深い悩みを知ったのは、やらない夫と初めて組手をした時だった。

続く。