読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

私の狂気の拳を体を張って受け止めてくれた、そんなやらない夫②

空手

前回のあらすじ。

やらない夫。カッコいい。抱かれたいと思った。アタシ男だけど。

 

「嘘だろ?」

そんな言葉が咄嗟に私の口からこぼれた。

目の前にいるのはやらない夫やらない夫は非常に痛々しい顔をしていた。

これが意味することを理解するのに数秒間はかかり、ようやく私は悟る。

 

やらない夫よわっ!!?!

f:id:RlE:20160811134012p:plain

 真逆の思いだった。

私が空手を習い始めて三ヶ月目。初めてやらない夫との組手(スパーリング)をすることになり、私は異常な緊張感に包まれていた。ビビっていたと言ってもいい。

あのやらない夫だぞ?

f:id:RlE:20160810220716p:plain

あの上段回し蹴りを放てるやらない夫だぞ?

f:id:RlE:20160811135435p:plain

勝てるわけがない。実力も迫力も違いすぎる。

ボコボコにされるのは覚悟し、せめて一矢だけは報いてやる!

そんな悲壮感を込め、私は組手開始同時に、やらない夫に拳を叩きつけた!

完全に力任せの突きだった。フォームもへったくれもなかった。

それなのに。

f:id:RlE:20160811134508p:plain

やらない夫はそれで吹っ飛んだ。文字通り吹き飛ばされたのだ。

私は一瞬理解が出来なかった。

えっ?と声が漏れていたと思う。

いや、私はそんなに強く突いたのか?それにしてもこの吹っ飛びようはおかしい。まるでボールを叩いた感触じゃないか。

混乱のまま、とりあえず蹴りを入れてみる。

するとまた、

f:id:RlE:20160811134714p:plain

この時点で、絶対おかしいと私は確信を抱いた。

決して私が人並み外れて力強いわけではない。普通よりやや上だ。

なのにやらない夫はよく吹っ飛ぶ。

この原因について推理し、あっさりとこの結論が導き出されてしまった。

やらない夫の体が軽すぎる

と。

よくよく見れば、やらない夫は180cm近い長身の割に、スリムだった。

空手着で隠れていたのもあるが、体重は軽量級(70キロ以下)だとひと目で見て取れた。

脂肪が少なく、引き締まった筋肉質だろうと、私はそう思い込んでいた。

でも、実はやらない夫は文字通り、ガリガリたっだのだ。

恐らく体重は62~64キロしかないと思う。私よりも背は高いのに、体重は私よりも10キロは軽い。要するにやらない夫はパワーがないのである。

正直、その後の組手は話にならなかった。

やらない夫を突く・蹴ると、面白い程に吹っ飛ぶ。

次第に私の顔は負気味なまでに大きく歪んでいった。

あのやらない夫を圧倒出来ている。

突けば突くほど、吹っ飛ぶ。蹴れば蹴る程、動きが鈍る。

私は調子になって、どんどん攻めてみた。

次第にやらない夫の動きが鈍くなっていき、私への攻撃も減ってきた。

余りにもの手応えのよさに私は冷静になり、やらない夫を観察した。

f:id:RlE:20160811140658p:plain

明らかに逃げ腰だった。私が追い詰める度に後ろに逃げていた。

最初はいいストレス解消相手が出来た!と嬉々していた私だが、

なんか申し訳ない気持ちになってきた。

稽古とはいえ、手加減してしまう。それ程までやらない夫は弱かった。

こうして、私の一方的な、組手にならない組手は終わった。

断っておくが、やらない夫は他の道場生にも一方的にやられていた。

私はやらない夫に対する評価は暴落していた。

まさかあそこまで弱いとは・・・。ずっと見てきたやらない夫は何だったの?

そんな私のやらない夫へ失望を見透かしたのか、M先生に後で呼び出され、信じられない事実を知らされた。

その時の私は、自分でもさぞや滑稽なまでに、驚きの顔をしていたと思う。

やらない夫骨粗鬆症(こつそしょうしょう)だったんですか?!」

※骨の太さは変わらないまま、骨密度がスカスカで骨が折れやすい病気

 

続く。