読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです。

16歳の少年をボコボコにした3◯歳の私①

私は空手を学んでいる。

最初は稽古に励んでいるJK目当てだったが、今は純粋に強くなりたいため、

そしてJKのOさんのおっぱい目当てに通っている。矛盾そのものである。

と、そんな私だから言えることがあるが、

空手をやっている人は全員ヤバイ

これを痛感させたのは、ある人(?)との組手(スパーリング)の時だった。

f:id:RlE:20160801192118j:plain

  「今から組手しますよー」

ある日の稽古中、M先生のこのお言葉に、私は非常に高揚感を覚えた。

「ああ、組手が出来る!人を殴れる!

と。

組手は、ボクシングのスパーリングのような形で、2分ごとに相手を変えて行われるものである。殴る蹴るOKである。

そんな組手で、私は相手によって対応を以下のように変えている。

めちゃ強い人と相手する時は、

「ごめんなさいー、素人なので手加減してねー」

と、恐る恐る殴るフリと、大げさに痛がったりと、相手に本気を出させないように上手く工夫した。我ながらゴミである。

そして、中学生などの少年ガキに対しては、

「オラオラッ!大人をナメんな!調子にのってんじゃねーよ!」

と、素人だから力加減が出来ないのー。みたいな感じでボコった。さすがにケガが残らないように配慮はした。私だってそこまで落ちぶれてはいない。

もちろんOさん(JKで天然巨乳)と組手の時は、

「イヤッハァーーーーーーー!!!」

だった。

Oさんの嫌そうな顔は見なかったことにした。

そして次の組手の相手が、16歳の健全な男、恐らく童貞だろう高校生だった。

あれ、この人、あれに似てる・・・

そう、あれに似ていた。まん丸い目、身長はやや低めでぷっくりとした体。

2チャンネルでは有名なやる夫に。

f:id:RlE:20160801192118j:plain

2ちゃんねるなどのネットでは有名キャラクターの「やる夫」

 いやいや、マジでそうだって。私自身びっくりしたくらいだ。

もちろん私の心の中で、16歳の少年を「やる夫」と名付けたのは言うまでもない。

こうして、私は驚愕の顔を浮かべつつも、やる夫との組手が始まった。

こいつ、やる夫のくせにっ!やる夫のくせにっ!

組手中、次第に私はいらつきを覚えつつあった。

ぶっちゃけ、やる夫の殴る蹴るスピードはそんなに大したことはない。

パワーもあるにはあるが、大人の私からしたらザグレベルだ。

しかしタフである。ガンダムのハンマーを受け止めたゴッグ並に。

とにかくタフで、いくら私がプレッシャーをかけても、いくら殴っても、いくら蹴っても、やる夫は怯まないのである。倒れないのである。

こうやっても、

f:id:RlE:20160801193511p:plain

※空手は基本的に顔面パンチ禁止です。あくまでもイメージなり。

それでもやる夫は倒れず、平然としていた。

むしろ、こんな感じで挑発しているように感じて、それが私のいらつきに拍車をかけた。

f:id:RlE:20160801192727g:plain

※このイラッ感は私だけじゃないはず!絶対そうだ!(超偏見)

こうして私は超自分勝手な怒りを拳や脚に込め、やる夫を殴ったり蹴ったりした。

お互い、納得出来なかった組手

こうして、私にとっては不快な組手、やる夫にとっては理不尽な組手は終わった。

恐らく、やる夫に「このおじさん何でキレてんの?」と理不尽な思いをさせてしまっただろう。

しかし、あえて言おう。

これが大人の社会だ!力なき者は悪だ!

と。

しかし、私の組手を終えたばかりのやる夫はこんな顔をしていた。

f:id:RlE:20160801194748p:plain

笑顔がとても眩しい。

よくよく考えれば、やる夫は口数がやや少なめで、礼儀正しい少年だったのだ。

そんな少年を私は・・・。私はっ!!!

そんな罪悪感で身を悶えさせている所を、あいつが出たのである。

これが夢、いや幻だったらどれだけ救われていたことか!

げぇっ!あいつが出た!

そう、大魔神が出現したのである。稽古中に遅れて。

以前の記事でも述べたが、彼は黒帯クラスで、しかも県大会で準優勝した実力者である。

そんな彼は私の目には、こんな風に映っている。

f:id:RlE:20160711210801j:plain

※あくまでも私のイメージです。それくらいめちゃ怖いです。

「あいつと組手してたまるか!絶対殺られる!」と即座に逃げ出す準備をした私を横目に、やる夫は大魔神「押忍!今日も稽古をお願いします!」と挨拶をしやがった。

「おい、バカ、やめろ!お前も殺られるぞ!」と咄嗟にやる夫をかばおうとした私は、信じられない光景を目にした。

 

と、今回はここまでなり~。

広告を非表示にする