読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

16歳の高校生をボコボコにした3◯歳の私④

空手 ボコボコにしてやんよ!

前回のあらすじ。

大魔神の暴力的なまでの攻撃に耐え切ったやる夫。

私はそんなやる夫を見直し、よりボコボコにしようと決意を固めた。

しかしある日、やる夫の大会戦績は予選敗退がほとんどと聞かされたー。

 

「えっ、ウソでしょ?」

それが私の第一の感想だった。

信じられない。やる夫は確かにスピードは並かもしれないが、タフさは間違いなく上級レベル。私だってKO出来る自信が全くない。

ただ、やる夫との組手中でも気になっていたが、

「このやる夫に勝てはしないが、負けもしない

と思わせる何かがあった。

私ごときの文章力では読者にイメージを湧かせにくく、大変申し訳ない思いだがそれでもポケモンで例えると、

「やる夫はゴローニャ」のイメージがふさわしいだろう。

f:id:RlE:20160806135330j:plain

※防御力はすごいが、素早さはかなり鈍いポケモン

素早さがなければダメ

 格闘における勝負は、結局のところ攻撃の強さ・スピードで決まる。

ポケモンのステータスで例えると、やる夫は防御力120に対し、攻撃力は100、しかし素早さは40しかないといった感じだ。

 なので守りは難攻不落の要塞並だが、攻撃はスカスカとカスるばかり。

単純な話である。やる夫は打たれ強いだけである。

分かりやすい例として、

強い空手家の突きは、

f:id:RlE:20160806140904p:plain

※腰の回転が上手く、スピードが速い理想的な突き

これに対してやる夫の突きは、

f:id:RlE:20160806140919p:plain

※正直スピードが遅く、空手暦が浅い私でも見切れてしまう程の突き

スピードが遅いのは空手としては致命的

私でも見切れるのだから、当然やる夫の攻撃は相手へは当たりにくい。

私はここに才能のある者才能のない者の壁を感じた。

やる夫は空手を中学から始め、空手暦は5年とのこと。

5年。

これだけ長い時を重ね、年頃の遊びたい気持ちも我慢し、ひたすら空手に打ち込んで、大会予選敗退が常。

こんな事は言いたくはないが、努力を重ねてもこの結果なのだから、彼は才能がない者なのかもしれない。

これではあまりにも救われないではないか。私も悔しくなってきた。

いや、救いはあった。

やる夫の目は闘志で満ち溢れている

f:id:RlE:20160804181122p:plain

「まだまだ俺は強くなれますよ!」

と言いたげな表情に、私は深い安堵感を覚えた。

その力強い目があれば大丈夫。彼はまだ16歳の子どもではないか。

今後も稽古を重ねていけば、彼は更に強くなるだろう。

「努力はいつか報われる」

かつて私が証明できなかったことを、是非やる夫は証明して欲しい。

私は高校時代は落ちこぼれだっただけに、余計にやる夫に期待を寄せてしまっているかもしれない。

彼は今は緑帯(中級)レベルだが、黒帯(上級)レベルまで達して欲しい。

 オチとして

これも後になって気づいたことだが、JKのOさんもやる夫と同じ時期に、道場に入門したらしい。

つまり、JKのOさんはやる夫の頑張りをずっと側で見てきたのである。

通りで、大魔神の猛攻にも決して怯まなかったミット打ち練習で、JKのOさんのやる夫を見る目がメスの顔になっていたわけである。

同じ男女高校生の甘酸っぱい青春物語。JKのOさんのおっぱい揉み放題。

それなんてエロゲー。

途端に私は嫉妬という怒りが膨れ上がっていくのを感じた。

よし、次回はもっとやる夫をボコボコにしよう!!!

終わり~。