読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

もし人気ないところにおパンティーが落ちていたら

私の苦い経験

唐突だが、私の過去の体験を語らせて欲しい。実話である。

あれは一年前のことだった。

今日みたいな夏の暑さも大分和らぎ、涼しさを感じさせた夜の時だった。

社畜のようにこき使われ、心身ともにボロボロの状態で、「あんなクソ会社いつかピーしてやる」という、世界中の怨念を集めた負のオーラを醸し出しながら、私は当時住んでいたアパートに帰宅中だった。

アパートに着き、「ああ、今日もエックスビデオ先生にお世話になるか」と人生の負け犬組まっしぐらの夜の過ごし方を思考しながら、廊下を歩いていた。

そんな時だった。

私の目の前におパンティーが落ちていたのだ。

f:id:RlE:20160831152610j:plain

 私は最初はそれをタオルだと思った。

私の当時住んでいたアパートには、コインランドリーも併設されていたため、よく他人の洗濯物の忘れ物を見かけていた。

今回のケースもそうだと思い、とりあえず他人が踏んでしまわないよう、廊下の端にどけようと、タオルを手にとった。

そこで私は固まった。

「これ、タオルやなくて、おパンティーや!!!」

あまりにもの急展開に私の時は止まった。おパンティーを両手で広げながら。

私の思考は当然止まっていた。

どうしておパンティーがここに?

本当に女性が履くあのアレ?

男のものじゃなくて、ガチで女性のもの?

色ってこんなに薄かったの?

そういえば、昨日はカレー食べたっけ?

などと、わけわからない思考で、私の頭の中が埋め尽くされた。

30秒後。

正気に返った私は、たちまち究極の選択を迫られた。

・おパンティーをゲットする

・見なかったことにして、元の場所に戻す

今よく考えれば、どう見ても後者だろう。いくらなんでも人の所有物だし、第一手にしたところで、何に使用するんだ。

しかし、当時の私はすっかり混乱していた。

例えるなら、会社で重要な会議中、突然部長が「これがあるから私は天使になれないんだ!」といきなりカツラを脱ぎだし、号泣する場面に出くわすようなものである。

そこで最低の告白をしよう。

私の数少ない女性読者がすっかり幻滅し、読者解除、あるいははてなブログ運営さんに通報するのかもしれない。

だが、私のような者を出してはいけないという警鐘として書きたい。

匂いをかいだ。

なぜあんな行為をとったのか、今もよく分からない。

ちなみに匂いは当然だが、洗濯したてのふんわりとした優しい香りだった。

よくよく見れば、使い込んでいたのか、布が少々くたびれていた。

糸のもつれも見かけ、少々緩んでいる部分もあった。

私は思わず、

女性のおパンティーって、布面積がとても小さかったんだ・・・。と呟いた。

恐らく私が履いたら、パツンパツンだろう。

いや、そもそも太もも辺りで履けなくなるだろう。サイズが明らかに合わない。

ならブラジャーは?そもそもブラジャーはどうやって着るんだ?寄せてあげる?

・・・はっ!!!

私は我に返り、辺りを見回した。幸い私以外の人はいなかった。

慌てて、もう一回匂いをかぎ、そっと元の場所に戻した。

そして猛ダッシュで私の部屋に逃げ帰った。

ドアに背を預け、まだ暴れ狂っている心臓に手をやる。深く息をつく。

危なかった・・・。私は真っ暗の空間で、この言葉を漏らした。

あれは正常な状態じゃなかった。確実に混乱していた。

しかし、おパンティーをゲットする最低の行動をとらなくて済んだ。

私の自制心なかなかやるな!グッジョブ!!

えっ?匂いをかいだ?

あれは確認のためだ。もし有毒物質を発していたら、アパートの住人たちの安全が脅かされる。私はその危険性を考慮し、自ら体を張ったんだ。私は悪くない!私は間違ってない!トラストミー!

なお、人間は追いつめられると、このように過剰に反応することも付け加えておく。

こうして、私のおパンティー騒動はこれで終わった。

毎日ルーティンのように繰り返される私のクソ面白くない日常に、とんでもないサプライズだった。

あんな体験は滅多にない。人生何が起こるのか分からないものだ。全く。

もしあなたならどうしただろうか?

おパンティーを手に入れた?それとも見て見ぬふりをした?食べた?

胸に手を当てて、少しだけ考慮していただければ幸いである。

この思いっきり最低最悪な記事を書いた甲斐が、少しはあるものだ。

今回の教訓

女性のおパンティー、魔物や。

以上~!

文字数1742文字

所有時間52分