読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上段回し蹴りで地球を救うふりをするブログ

読者たちが「クスッ」と笑えるようなおバカブログを書いています。あ、上段回し蹴りと地球は全くないです笑

上段回し蹴りで「柔道王」篠原信一を倒してみる⑦

前回のあらすじ

 

大の男二人が雨の中、公園で泥レスリング。

それを見た子が、「パパも知らないおじさんと同じことやってるよ」と発言。

お母さんが発狂し、スマホを取り出し、夫に問いただす。

そして、本当はお父さんが不治の病で、体を動かすのも苦痛だと判明する。

しかしそれを家族に見せたくなかった。悲しませたくなかった。

だから夜にこっそり整体師を呼び、整体マッサージをしてもらっていた。

お母さんはスマホに向かって、大声で叫ぶ。

「バカッ!本当にバカッ!マッサージなんて私が毎日してあげるから!」

これを見たマー君は、これが本当の愛なのだと、子供心なから悟った。

そんなヒューマンドラマを知らない当の本人たちはー、

rle.hatenablog.com

 「もうよせ。決着はついた。」

篠原さんは冷ややかな目で、私を諭すようにして言った。

 

f:id:RlE:20160909190904p:plain

 

確かに私の体は瀕死状態だった。

未だに意識が朦朧する。呼吸もままならない。息を吸う度に、腹が千切れる程の痛みに襲われる。立ち上がろうにも、腹が言うことを聞いてくれない。まるで腹に丸太を突き立てられたかのようだ。腹の中の異物が私を着実に、現行進行形で破壊している。

しかし、私は彼を睨み。

そして。

立ち上がった。

 

f:id:RlE:20160909193445p:plain

 

篠原さんは、

「・・・お見事。」

と心の底から、こう漏らした。

自分は本気を出した。柔道家としてのあらゆる技術を駆使した。

体を解体する。それ程の痛みを彼に与えた。

なのに。

この自分の渾身の一撃を耐え切った。立ち上がった。

もし自分が逆の立場だったら、心折れていたに違いない。

立ち上がったその根性と気合は本物だろう。

・・・これほどの意志を持った柔道家は何人いただろうか。

もし彼が柔道家を目指したのなら、きっとー、

 

f:id:RlE:20160909194150p:plain

 

「まだ俺は戦えるぜ?」

ばかりのファイティングポーズをとってみたものの。

だが、私の体は限界寸前だった。

先程から、痛い痛い痛い痛い痛い痛い。この感覚しかしない。

私の体がねじり巻かれているようだ。

くるみ割り器で押し潰されているようだ。

私の体中のあちこちにエラーが出ている。

でも戦える。なら戦う。

脳の停止電気信号を無視し、無理やり筋肉をきしませ、荒々しい呼吸を必死に落ち着かせ、相手をまっすぐ見据えた。

篠原さんはそんな私の闘志に、

「君の体はボロボロだ。これ以上戦うのは無益ではないのか?」

と、やや呆れ気味に言う。バーサーカーを見ているような目つきだ。

私はこの言葉に激しい失望感を覚えた。

私は奥歯をギリリと噛み、

なぁ、あんたはケンカするのにいちいち利益不利益を考えるのかい?

と言い放つ。

篠原さんはしばしの間沈黙した後、

「・・・分かった。その気持は汲み取ろう。ケンカ続行だ。」

侍の顔をして、こう言った。

「へっ、あんたカッコいいな。俺が女なら惚れてたぜ。」

「ふっ、あいにく私には妻と子たちがいてな。悪いな。」

「なぁに、いいってことよ。さぁ、続きだっ!!」

私と篠原さん。ケンカ再開。

 

f:id:RlE:20160909200524p:plain

 

お互い詰め寄っていく。

 

f:id:RlE:20160909201202p:plain

 

篠原信一はこの時、こう思った。

まだやれるのか。まだこれだけ殴れるのか。

それに比べ、自分はさっきから意識が曖昧になりつつある。

物が二重に見えてくる。体の動きも鈍い。

まさか彼のパンチが効いている?左ジャブの蓄積が響いてる?

このままではこっちの方が負ける?

・・・仕方ない!もう一度押し倒す!

 

f:id:RlE:20160909203642p:plain

 

彼は後ろに逃げた。私の組手から逃れるためだろう。

しかし私は追い詰める!

その瞬時だった。

自分は信じられないものを見た。

 

f:id:RlE:20160909214443p:plain

 

彼が回転している!?

 

どうしてだ。どうしてなんだ。

この場所は泥なんだぞ。ヌルっといくんだぞ。ヌルっと!

なのに。

 

どうして回転できるんだ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:RlE:20160909214811p:plain

 

 

 

決着はついた。

 

 

 

f:id:RlE:20160909213630p:plain

 

篠原信一の体が尻をつき、崩れ落ちていく。

私はこれを無表情に眺めていた。

 

f:id:RlE:20160909213639p:plain

 

彼は完全に気絶した。彼は負けた。

そして私は勝った。今回もギリギリでの辛勝だった。

彼は強かった。強すぎた。

あんだけ殴っても、まだまだ体力に余裕があった。

しかし、彼は気づかなかっただろう。

彼が脳震盪(のうしんとう)を引き起こしていたことに。

そう、私の左ジャブは彼のあごだけを狙っていた。

狙って何回も打ち、打ち、少しずつ彼の脳を揺らせていった。

たとえ5才児のパンチであっても、あごだけを狙って100発当てれば、どんなに強固な格闘家でも脳震盪を起こす。

そう、いくら筋肉を鍛えても、物理的に脳を鍛えることは出来ないのである。

そして脳震盪さえ起こせば、誰でも倒せる。例え、あの篠原信一であっても。

これにもう一つ。

私が滑る泥の上で上段回し蹴りを放てたのは、ある物を利用したからだ。

 

f:id:RlE:20160909222914p:plain

 

そう、彼のジャケットだ。

 

f:id:RlE:20160902192112j:plain

 

彼がジャケットを脱いだ時から、私はこれを狙っていた。

この脱いだジャケットで、上段回し蹴りを放つことを決めていた。

なぜなら、服の上だと摩擦力が大分和らぐ。

さすがに滑り感は残ったが、それでも見事に上段回し蹴りを彼のあごにクリーンヒット出来た。これも奇跡と言いようがない。

 

思えば、今回の戦いにおいて、私は何回も伏線を張っていた。

ヌルっと滑り、あえて蹴りが使えないアピールをした。

あごのみを狙っていることに気づかせないため、時々ヌルっと滑ることによって、攻撃を中断させ、パターンを読ませなかった。

あえて彼の大技をくらい、もう戦えない寸前まで追い詰められた。

脱いだジャケットの方に誘導した。

そのジャケットを踏むのを感覚のみで頼った。

その感覚を頼りの綱とし、上段回し蹴りを放った。

これらの伏線を戦いの最中に散らせていたのである。全ては勝つために。

それでも分の悪すぎる賭けだった。

それ程、篠原信一は強すぎた。

今回は奇跡的に賭けに勝ったが、次回は全く分からないだろう。

だが、今回の戦いで分かったことはある。

篠原信一

あなたは本物の柔道家でした。

ああ、戦いが終わる(私の脳内で)。

思えば、死闘にふさわしいケンカだった(私の脳内で)。

これ程のケンカは今後は全く出ないだろう(私の脳内で)。

私は野良犬。今後もケンカを売り続けていく(私の脳内で)。

全ては私の闘志の赴くままに(私の脳内で)。

私は誰とも戦う!(私の脳内で)

私は勝利の余韻に浸り、ゆっくりと瞼を閉じた(私の脳内で)。

オチ

篠原信一さんをネタに使ってしまい、申し訳ございませんでした!m(_ _)m

私は篠原さんの気さくで面白いキャラが好きです!!!

後、何気に篠原信一さんがPSゲーム「龍が如く極み」にゲストとして出演されていて、うらやましい!!!

 

以上、終わりッッ!!!

 

文字数2610文字

所有時間3時間00分